「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

初心者でもわかる卓球ユニフォームの選び方

2016 12/21 19:03
卓球
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by dwphotos / Shutterstock.com

近年は多くのブランドからさまざまなタイプのものが発表されている卓球のユニフォーム。 そんな卓球のユニフォームでも押さえておかないといけないポイントがある。そのポイントを中心に選び方を紹介する。

大会に出るにはJTTA公認マークが必須

卓球ウエアは動きやすい服装であれば基本的になんでもOKだ。運動量が多いスポーツで、「動きやすいかどうか」が最大のポイントとなるので、動きやすいものであれば普通のTシャツでもいい。
しかし、大会に出場するとなると話は別だ。大会に出場するためにはJTTA(日本卓球協会)公認のユニフォームである必要があり、JTTAマークが入っていないウエアの場合は失格となってしまう。 通常、卓球のユニフォームとして販売されているものは、基本的にすべてJTTAマークのワッペンが袖や、パンツなら前面に入っているが、購入する際には確認しておこう。

カラーにも規定がある

卓球は他の競技に比べ小さいコートで行われるため、使用できるユニフォームの色は「ボールとあきらかに違う色でなければいけない」という規定がある。そのため、卓球のボールで一般的な白いボールを使う大会であれば、白があまり入っていないユニフォームを着用しなければいけない。
現在、白いボールを使用する大会で着用できるユニフォームには赤色のJTTAのワッペンが付いているので、ワッペンの色も確認しておこう。 ワッペンの色には他に白や黒もあるが、その場合、現在は大会会場にて審判長が使用できるかどうかを判断することになっている。

おすすめの記事