「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

日本女子卓球のエース、石川佳純の功績とこれから

2016 12/16 20:07
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Stefan Holm/Shutterstock.com

リオ五輪で2大会連続のメダル獲得となった卓球女子団体。その立役者となったのは、エースに成長した石川佳純だった。 そんな石川佳純のこれまでの功績とこれからの展望にせまる。

元卓球選手の両親のもと始めた卓球

山口県山口市で生まれた石川佳純は、小学校1年生のときに両親の所属する卓球クラブの試合を見にいったことがきっかけで、卓球クラブの練習に遊び半分で顔を出し始めると、その約4ヶ月後に出場した全日本選手権バンビの部(小学校2年生以下)山口県予選を2位で通過。
これをきっかけに本格的に卓球にのめり込むようになり、国体選手だった母親が自宅に卓球教室をつくり、日々練習漬けの毎日が始まるようになる。
日本代表のチームメイト、福原愛選手が正式に卓球の練習を始めたのが3歳9ヶ月、伊藤美誠選手が卓球少年団に入ったのが2歳の終わり頃なので比較的遅いスタートといえる。しかし、ここからメキメキ実力をつけ小学6年生で出場した全日本選手権シングルスでは高校生・大学生を下して3回戦に進出。一気に注目を集めるようになる。

「愛ちゃん2世」から日本のトップ選手に

小学6年の時の活躍で「愛ちゃん2世」としてメディアの注目が集まる中、福原愛がその年の3月まで所属していたミキハウスに中学1年となった4月から加入。中学2年で出場した全日本選手権では、福原愛以来となる中学生でのベスト8進出を果たすと、その試合でも勝利し史上最年少でベスト4に進出。福原愛の記録を塗り替えた。この活躍により、2007年世界選手権にダブルスのメンバーとして史上最年少で抜擢されている。
さらに、高校1年の時にはインターハイ、国体、選抜、全日本ジュニアと高校生が獲得できるすべての大会で優勝して4冠を獲得。2011年には、全日本選手権の準決勝で福原愛を下して初優勝を果たし、名実ともにトップ選手となっていく。

おすすめの記事