「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

知れば知るほどおもしろい!卓球の技の種類を学ぼう!

2016 12/9 12:03
卓球
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Mike Orlov / Shutterstock.com

世界的に多くの愛好者がおり、日本でも卓球を楽しむ人口が30万人はいると言われている卓球。小さな子供から年配の方まで楽しめるところにその魅力がある。技の種類が豊富にあることは競技としてされている方以外にはあまり知られていないかもしれない。 サーブやスマッシュなどは定番だが、チキータやツッツキといった、耳慣れない名前の技もある。 知れば知るほどおもしろい、卓球の華麗なる技の世界を紹介する。

攻撃側のプレイヤーがプレー開始時に打つ「サーブ」

プレーが始まる時に打つ球をサーブという。卓球だけでなく、バレーやバドミントンなどのネット競技の場合は、サーブが適用される。
トスの時に最低でも16センチ以上は球を上げる、相手プレイヤーにも見えるように球を持つなどのルールがある。トスの際に3メートルほど高く投げ上げて、顔の付近に落ちてきたタイミングでしゃがみながら打つサーブを「王子サーブ」という。
現在は使用してはいないが、“あいちゃん”こと福原愛選手も、かつては王子サーブを使用していた。

得点をとるためには必須の「スマッシュ」

球を相手側のコート目掛けて強く打ち込むことを「スマッシュ」という。卓球の技術を磨く上では、このスマッシュの上達は必要不可欠である。
スマッシュを打つ時は、ラケットの角度が重要。ラケットの面をボールに被せて、相手コート目掛けて力強く打ち込む。ただ、この時に力が入りすぎてはいけない。リラックスした状態で力強く打つ。一見、矛盾しているようにも思えるが、反復練習で体得するのみである。

おすすめの記事