「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

知れば知るほどおもしろい!卓球の技の種類を学ぼう!

2016 12/9 12:03
卓球
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Mike Orlov / Shutterstock.com

世界的に多くの愛好者がおり、日本でも卓球を楽しむ人口が30万人はいると言われている卓球。小さな子供から年配の方まで楽しめるところにその魅力がある。技の種類が豊富にあることは競技としてされている方以外にはあまり知られていないかもしれない。 サーブやスマッシュなどは定番だが、チキータやツッツキといった、耳慣れない名前の技もある。 知れば知るほどおもしろい、卓球の華麗なる技の世界を紹介する。

攻撃側のプレイヤーがプレー開始時に打つ「サーブ」

プレーが始まる時に打つ球をサーブという。卓球だけでなく、バレーやバドミントンなどのネット競技の場合は、サーブが適用される。
トスの時に最低でも16センチ以上は球を上げる、相手プレイヤーにも見えるように球を持つなどのルールがある。トスの際に3メートルほど高く投げ上げて、顔の付近に落ちてきたタイミングでしゃがみながら打つサーブを「王子サーブ」という。
現在は使用してはいないが、“あいちゃん”こと福原愛選手も、かつては王子サーブを使用していた。

得点をとるためには必須の「スマッシュ」

球を相手側のコート目掛けて強く打ち込むことを「スマッシュ」という。卓球の技術を磨く上では、このスマッシュの上達は必要不可欠である。
スマッシュを打つ時は、ラケットの角度が重要。ラケットの面をボールに被せて、相手コート目掛けて力強く打ち込む。ただ、この時に力が入りすぎてはいけない。リラックスした状態で力強く打つ。一見、矛盾しているようにも思えるが、反復練習で体得するのみである。

下回転を加えて球を打つ「カット」

球に下回転を加えて打つ方法を卓球では「カット」という。カットがかかった球を通常通りに打ち返すと、下回転がかかっているのでネットに引っかかってしまう。
このカットを多用するプレイヤーのことを「カットマン」と呼ぶ。相手プレイヤーがミスすることで得点を重ねる戦法で、攻撃型ではなく、いわゆる守備型の戦法となる。最近では「カットマン」が減ってきていると言われている。逆に「カットマン」と対戦するのが苦手だという選手も多いという。

バナナのように曲がる「チキータレシーブ」

卓球における打法のひとつに「チキータ」というものがある。これは、相手が打ってくるサーブに対して、バックハンドを用いて横回転を加えながら相手のコートを目掛けて打つレシーブである。
チェコの選手ピーター・コルベル選手が生みの親と言われており、チキータバナナ(バナナの種類)のように曲がることからこの名前が付けられた。リオデジャネイロオリンピックでも活躍した水谷隼選手も、チキータを得意とする選手のひとりである。

レシーブを返す際に多用する「ツッツキ」

卓球の基本となる打ち方のひとつに「ツッツキ」というものがある。これは、ラケットを突き出すように打つ方法で、レシーブを返す際に多用される技のひとつ。
特に、相手から来た球に下回転がかかっている場合には、この「ツッツキ」が有効。コツとしては、極力、自分の体に近い位置でラケットに球を当てること。さらに、その後はラケットを振り切らず、スイングを止める。力んで振り切ってしまうと、相手のコートから外れてアウトになってしまうので注意する。

まとめ

卓球の経験者であれば当たり前の技の数々だが、チキータや王子サーブなど、一般的には知られていない技が多くある。 まずは普通のサーブやレシーブが基本だが、習熟度にあわせて、チキータや王子サーブもマスターすると、より一層卓球を楽しむことができるだろう。

関連記事

おすすめの記事