「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

決定率を上げて勝率アップ!卓球のスマッシュの上達のコツ

2016 12/9 12:03
卓球
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by CHEN WS / Shutterstock.com

卓球の勝敗を大きく左右するスマッシュ。 基本をすべてマスターしたのであれば、次に乗り越えるべき壁は間違いなくこのスマッシュでしょう。 そこでこの記事では、卓球のスマッシュの上達のコツをご紹介します。

【基本編】スマッシュの基本をおさらいしよう

上達するためには、まず基本を知ることが必要です。 卓球を習い始めた頃は基本に忠実にスマッシュを打っていたかもしれませんが、いつしか自分のやりやすいようにアレンジを加えてしまい、オリジナルなスマッシュになっている方も少なくないはずです。
基本はラケットを胸の前から後ろに引いて、球を相手のコート目掛けて叩きつけます。この際、ラケットを持っている方と逆の足を同時に前に踏み出します。
注意したいのがラケットの角度です。ボールに対して少しかぶせ気味に傾けるようにしましょう。

【中級編】スマッシュの決定率を上げよう!

ここからは中級編です。基本はできた上での解説になるので、基本に自信のない方は、十分に練習を重ねてくださいね。
突然ですが、みなさんはスマッシュを打つ際、コースを狙っていますか?ただ力任せに相手のコートを目掛けて打っていませんか?
それではまだまだ初心者のままです。もう一歩レベルの高いところに踏み込みたいのであれば、コースを狙う必要があります。攻撃は最大の防御とよく言いますが、このスマッシュのコース取りができていれば、急激な上達を自身で感じることができるはずです。
次の章からコース取りの方法について詳しくご説明します。

【中級編】理想は左右揺さぶるようにコース取り

常に一定のスピードで、一定のコースに飛んできた球と、毎回違うスピードで、違うコースに飛んできた球とでは、相手はどちらが打ちづらいでしょうか?
答えは簡単、もちろん毎回違うスピードとコースですよね。つまり、スマッシュを打つ際に、相手を左右に揺さぶるようなコースを狙えばいいのです。
慣れないうちはコースを狙ってスマッシュを打つのは難しいかもしれませんが、練習すれば次第に上達するはずです。上達すれば、今まで勝てなかった相手にも勝てるチャンスが訪れるので、ぜひ実践してみてください。

【中級編】バックサイドとフォアサイドも意識しよう!

左右に揺さぶるのもそうですが、相手のバックサイドとフォアサイドも意識してスマッシュを狙えれば、決定率の高いスマッシュを打つことができます。
とはいえ、相手のカウンターを恐れてバックサイドばかり狙ってしまう方も多いでしょう。そうなってしまうと、打ち返すまでに猶予を与えてしまい、たとえ左右に揺さぶっていたとしても、相手にとっては単調なスマッシュに感じてしまうのです。
そんな時は、意表を突いてフォアサイドにスマッシュを打って相手のリズムを崩すといいでしょう。

【中級編】相手のカウンターに備えて戻りを早くしよう!

スマッシュの上達方法とは少しズレてしまいますが、これも重要な要素です。
スマッシュに対して相手がカウンターで返してきた場合、こちらの戻りが遅いあまり、対応できなかったことはありませんか?
これを防ぐためにも、スマッシュを打った後は素早く戻して次の一手に備える必要があります。これが意外とできていない方が多いように感じます。
もちろん、スマッシュひとつでポイントを獲得することができれば問題ありませんが、そうもいかないのが現実。スマッシュに満足せず、素早く戻すことを意識してみてください。

まとめ

いかがでしたか? スマッシュの上達次第で勝率もだいぶ変わってきます。いろいろなコースを狙えるようになると、より卓球がおもしろくなるはずです。 慣れないうちは難しいかもしれませんが、ぜひチャレンジしてみてくださいね。

関連記事

おすすめの記事