「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

メディアの注目度が高い「卓球」、強い国はどこ?日本の順位は?

2016 10/12 03:34
卓球
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by dwphotos/Shutterstock.com

リオオリンピックを境に注目度がうなぎのぼりの卓球。テレビでも特集が組まれるなど、メダリストを中心にメディアから引っ張りだこの状態だ。 中国は世界でも卓球の強豪国として知られているが、他に卓球が強い国はどこかご存じだろうか? この記事では卓球の強い国とその理由に迫ってみた。

卓球の世界チャンピオン、中国に燦然と輝く戦績

「卓球の強い国」としては、まず中国の名を挙げないわけにはいかない。現在、卓球の世界チャンピオンは文句なく中国だ。その強さは断トツに抜きん出ていて、男女ともに国別の世界ランキングで第1位に君臨している。また、選手個人の世界ランキングでも、男女の第1位から第4位までを中国の選手が独占している。
2016年3月には卓球の世界選手権がマレーシアで開催され、男女とも中国が優勝、いずれも準優勝だった日本は、文字通り中国の壁に跳ね返された形だ。そして8月のリオオリンピック。ここでも団体は男女とも中国が金メダル、シングルス決勝は中国の選手同士で行われたため、金銀のメダルをすべて中国が獲得した。

「卓球王国」中国の強さに迫る

現在の卓球界には対抗できる国が存在がしないほど強さが傑出している中国。技術研究への精励は際立っており、対戦国の選手が口を揃える技術力の差となって表れている。
しかし、中国の強さの理由はそれだけではない。 1949年に現在の中国が建国された際、同時に卓球が国技として制定された。そして中国は、国技の卓球で世界的な選手を育成するプロジェクトを開始、国家レベルでそれを支援してきたという歴史的背景がある。国家の支援とは、もちろん金銭面も含まれる。最先端の設備や多くの大会設立、膨大な賞金といった投資が卓球に対して行われているのだ。
そして、年齢的なカテゴリーを強制しないことも、より優秀な選手を生み出す要因となった。つまり、強い選手なら小学生でも大きな大会に出場し、多額の報酬を得られるわけだ。このシステムが繰り返され、優秀な選手が引退後に指導者として選手を育成することで、現在の中国の地位が確立したのだ。

おすすめの記事