「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

シンクロナイズドスイミングの歴史をご紹介!

2017 2/9 18:26
シンクロナイズドスイミング
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Microgen/ Shutterstock, Inc.

リオデジャネイロオリンピックで3大会ぶりにメダルを獲得した“マーメイドジャパン”。感動的な演技を見てシンクロに注目している人も多いのではないだろうか。そこでシンクロナイズドスイミングの誕生や歴史、日本での普及などを紹介していく。

もっとも古いシンクロナイズドスイミングの記録とは

まるで水中を人魚のように自由に泳ぐことから、選手たちは“マーメイド”とも呼ばれているシンクロナイズドスイミング。その歴史は古く1892年までさかのぼる。
シンクロナイズドスイミングの大会として記録に残っているイベントとしてはもっとも古く、ヨーロッパのイギリスで開催された。といっても当時はシンクロではなく「スタントスイミング」と呼ばれていた。そして何よりも驚くことに、女子のスポーツではなく男子の競技だった。

“シンクロナイズドスイミング”と呼ばれるようになった経緯とは

記録も残っていることから、シンクロナイズドスイミングの発祥地はヨーロッパとされている。また1900年代の初頭からイギリスには「スタントスイミング」、ドイツには「アーティスティックスイミング」と呼ばれる群泳法がありシンクロの基礎になったと考えられている。
そして海をこえてカナダ、そしてアメリカへと渡って「ウォーターバレー」と変化し、1934年に開催されたシカゴ万国博覧会で今と同じ“シンクロナイズドスイミング”と呼ばれるようになった。

おすすめの記事