「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

日本のシンクロナイズドスイミング界の名選手や名チームをご紹介!

2017 1/30 21:29
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典: http://www.asahi.com/olympics/

2016年に開催されたリオデジャネイロオリンピック。チーム競技で銅メダルを獲得した日本のシンクロナイズドスイミング選手たちは記憶に新しいところだ。そこで日本のシンクロナイズドスイミング界での功績を残した名選手や、名チームを紹介していく。

元祖マーメイドと呼ばれ名選手だった“小谷実可子”

幼少の頃からシンクロに触れ、才能を開花させていた小谷実可子さん。
12歳のとき日本代表に選出され、カナダ年齢別選手権大会で3位入賞。高校生になると単身で米国に留学して恵まれた環境のなかで演技に磨きをかけ、オリンピック日本代表選手に選出された。ソウルオリンピックでは女性初の旗手を務め、デュエットとソロで銅メダルを獲得する活躍を見せる。
その後もシンクロ界の女王として日本を引っ張っていくが、スポーツ振興へと活動の場を広げるために休養に入り、長野オリンピックの招致活動などを行った。その後、バルセロナオリンピックを目指して選手へと復帰し代表となるも、出場機会がないま引退することとなった。
引退後は国連総会に出席したり、教育関連の要職に起用されたりと大活躍。また東京オリンピックでも招致アンバサダーを務めるなど、“元祖マーメイド”と呼ばれた小谷実可子さんは、今でもシンクロの魅力を伝える活動をしている。

小谷実可子選手と並ぶ名選手“田中ウルヴェ京”

1967年2月20日に東京都港区で生まれた田中ウルヴェ京(たなかウルヴェみやこ)さん。
6歳で水泳をはじめ10歳になるとシンクロに転向。小谷実可子選手と出会う。14歳でカナダ国際ソロ・デュエット大会へ出場してデュエットで準優勝を果たし、15歳のときには最年少で日本代表Aチームに選出された。高校を卒業後はさらにシンクロに打ち込むため、環境の整った日本大学へと進学。在学中にはマドリード大会で4位(ソロ)、チームでは銅メダルを獲得した。その後も活躍を重ね、ソウルオリンピックでは小谷実可子選手と息の合った演技を見せ、銅メダルを獲得。
1989年の引退発表後は、日本の代表チームのアシスタントコーチを務めた。その後も指導者としてさまざまなカリキュラムを学び、フランス代表チームのコーチなどを経験。結婚や出産を経て起業し、数々のスポーツ指導を行う株式会社ポリゴンを設立している。また2015年には「びわこ成蹊スポーツ大学」の客員教授に就任した。

おすすめの記事