「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

シンクロナイズドスイミング界の母、井村雅代さんの存在と功績の大きさ

2017 1/30 21:29
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典: http://cyclestyle.net/

リオジャネイロオリンピックでは、日本のヘッドコーチとして日本チームをデュエットとチームで銅メダル獲得に導いた井村雅代さん。日本だけでなく中国やイギリスなどでコーチを務め、シンクロナイズドスイミング界をけん引し続け「シンクロ界の母」といわれる井村さんの功績を紹介する。

井村雅代さんの生い立ち

シンクロナイズドスイミングにあまり詳しくない人でも井村雅代さんのことはご存じなのではないだろうか。
大阪府のご出身で小学生のころから夏休みに開講している浜寺水連学校に通い、中学生からシンクロを始めたという井村さん。その後高校、天理大学を卒業したのち、中学校で保健体育の教師を務めながらシンクロの指導者となった。
日本代表コーチには1978年に就任し、1985年には「井村シンクロクラブ」を大阪府内に創設した。そして競技者の育成に努め、世界的な選手を世に輩出している。

井村雅代さんの育てた選手たち

シンクロが正式競技となった1984年ロサンゼルスオリンピックのデュエットで銅メダルを獲得。1988年のソウルでは小谷実可子・田中京組がデュエット種目で銅、1992年のバルセロナでは奥野史子がソロで銅メダル、アトランタではチームで銅メダルを獲得したほか、立花美哉・武田美保組は2000年のシドニーから2004年のアテネまでデュエット種目、チーム種目それぞれ銀メダルを獲得している。2001年の世界選手権福岡大会では世界大会では日本人初となる金メダルを獲得。
オリンピックでは日本チームの選手たちをメダル獲得に導いた井村さんの指導者としての功績の大きさが注目されている。

おすすめの記事