「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

あの国が強いのには理由がある!シンクロナイズドスイミングが強い国

2017 1/30 12:29
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典: Maxisport/shutterstock.com

リオデジャネイロオリンピックで見事銅メダルに輝いたシンクロナイズドスイミング日本代表「マーメイドジャパン」。近年影を潜めていた日本のシンクロが復活の兆しをみせたことは大いに注目を集めました。今回はシンクロナイズドスイミングが強い国についてご紹介したいと思います。

シンクロナイズドスイミングの勝敗の決め手

シンクロナイズドスイミングは、制限時間内に伴奏音楽を用い水中で肉体を動かし、その技の完成度やチームの同調性のスコアを競う評定競技です。
勝敗のわかりやすい得点競技と違い、採点は0.1点刻みと算出方法も複雑です。種目の一つであるテクニカル・ルーティンでは定めらた順番で技を演技に取り入れなければならず、その正確性や技の完成度が問われます。
フリー・ルーティンでは技術的な要素に加え、さらに伴奏音楽の演出などの芸術的要素もその評価基準の1つになります。華やかな競技でありながら、選手個々の身体能力はもちろんのこと、チームとしての同調性も問われる非常に難易度の高い競技です。

シンクロナイズドスイミングが強い国

リオデジャネイロオリンピックの結果からみると、日本最大のライバルといえるのはロシアでしょう。今回も金メダルを獲得しており、テクニカル・ルーテイン、フリー・ルーティン共に点差をつけています。
以前はロシアと日本の二強と言われていましたが、今回銀メダルを獲得した中国も近年実力をつけており、今回、順位で負けてしまいました。日本は銅メダルでしたが、4位のウクライナとは接戦を繰り広げその差はわずか1.8点でした。

おすすめの記事