「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

知ればもっと楽しくなる!シンクロナイズドスイミングの採点方法とは

2016 12/16 11:07
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Paolo Bona / Shutterstock.com

チームの同調性、芸術点などを評価してスコアを競うシンクロナイズドスイミング。 得点競技に比べると勝敗がわかりにくい評定競技ですが、採点ポイントを押さえておくと臨場感を持って楽しめるようになります。 この記事では、採点方法について、初心者の方にもわかりやすくご紹介します。

シンクロナイズドスイミングの得点について

シンクロナイズドスイミングにはルーティンとフィギュアの2つの競技があります。フィギュアは技の完成度を競うもので、音楽は使用せず、オリンピックや世界選手権などでは行われません。いわゆるシンクロとは、音楽に合わせて演技を行うルーティンのことを指します。
ルーティンは、演技をする人数によって種目が分かれ、1回目にテクニカル・ルーティン(TR)、2回目にフリー・ルーティン(FR)が行われます。そして、2つの種目の半分の得点を足した総合点で順位を競います。

シンクロナイズドスイミングの採点の仕組み

採点は5~7名で構成されるジャッジパネル(審判団)によって行われます。
ジャッジパネルは複数構成され、それぞれが規定された評価基準に沿って0.1点刻みで10点満点で評価します。それぞれのジャッジパネルの最高点、最低点をカットして平均点を計算します。そして、種目ごとに算出された得点を合計した総合得点を競います。
ジャッジパネルを複数構成する理由は、テクニカル・ルーティンとフリー・ルーティンの2つの種目それぞれで、評価基準が異なるからです。

テクニカル・ルーティンの採点

テクニカル・ルーティンは、2分~2分50秒の制限時間内に、7~10個の規定要素である技を定められた順序通りに伴奏音楽に合わせて演技することが求められます。
総合的な演技の完成度や技術を評価するエクスキューション、伴奏音楽の使い方やチームの同調性を評価するオーバーオール・インプレッションの2項目に重点が置かれて採点されます。
2つのジャッジパネルが、エクスキューションとオーバーオール・インプレッションに分かれ、それぞれ採点を行います。

フリー・ルーティンの採点

フリー・ルーティンでは、演技の規定要素はなく、技術的な評価に重点が置かれるテクニカル・ルーティンに対して、芸術的な評価に重きが置かれます。
同じく評価項目は2つあり、それぞれをジャッジパネルが採点します。まず、チームの同調性や技の難易度を採点するテクニカル・メリットです。テクニカル・ルーティンより構成の自由度が上がりますが、ジャンプやリフトといった大技は重要な評価ポイントになります。
もうひとつの評価項目は、演技の構成や音楽の解釈などの芸術的評価をするアーティスティック・インプレッションです。

シンクロナイズドスイミングの主な減点ポイントとは

華やかな水着が透けてしまうこと、余分な布やアクセサリーをつけることは禁止されています。芸術的な要素が評価される競技ということもあり、規定のルール内でいかに美しく、また選手の運動を妨げないデザインかということも重要な採点ポイントといえるでしょう。
また、定められたチーム人数に達していなかったり、演技時間の過不足も減点ポイントとなります。途中で演技を中断してやり直すことや、プールの底に足をつくことも、大きな減点となります。

まとめ

一見しただけでは勝敗がわかりにくいのが評定競技ですが、採点方法を少し押さえておくと、観戦がもっと楽しくなりそうですね。 リオデジャネイロオリンピックで銅メダルの快挙を成し遂げた日本代表「マーメイドジャパン」の活躍に、これからも注目していきましょう。

関連記事

おすすめの記事