「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

競技観戦がもっと楽しくなる!シンクロナイズドスイミングの基礎知識

2016 12/16 11:07
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Paolo Bona / Shutterstock.com

プールで音楽に合わせて身体を動かし、技の完成度や構成、芸術的表現を評価したスコアを競う華やかな競技、シンクロナイズドスイミング。 どんな競技か知らないという初心者の方も楽しめるように、基礎知識についてご紹介します。

シンクロナイズドスイミングとはどんな競技?

シンクロナイズドスイミングには、ルーティンとフィギュアの2つの競技があります。フィギュアは、音楽は使用せず技の完成度を競うもので、オリンピックなどでは行われません。
この記事では、音楽に合わせて1人~8人で演技するルーティンについてご紹介します。ルーティンは演技をする人数によって種目が分かれ、1回目にテクニカル・ルーティン(TR)、2回目にフリー・ルーティン(FR)を行います。そして、2つの種目の半分の点数を足した総合点で順位を競います。

シンクロナイズドスイミングの種目について

オリンピックや世界選手権では、このテクニカル・ルーティンとフリー・ルーティンが行われます。 テクニカル・ルーティンでは2分~2分50秒の制限時間内に伴奏音楽を使用し、7~10個の規定要素を順序通り実施することが求められます。フリー・ルーティンは3分半前後の制限時間内で自由に演技をします。
技術の正確性やチームの同調性が評価されるのがテクニカル・ルーティンならば、芸術性や音楽の解釈などが評価されるのがフリー・ルーティンと言えるでしょう。

おすすめの記事