「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

笑いや驚きあり!競泳競技におけるアクシデントやエピソード!

2017 7/10 10:01ユタロー
競泳
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Suzanne Tucker / Shutterstock.com

球技では、さまざまな珍プレーや好プレー、そして驚きのエピソードがよく紹介されています。 実は競泳競技でも、人に話したくなるような面白い、そして驚きのエピソードやアクシデントはたくさんあるんです! 今回はいろいろご紹介したいと思います。

バスケットボール選手が競泳に出場しちゃった?

最初にご紹介するのは、2000年のシドニーオリンピックでのエピソードです。オリンピック100m自由形に、バスケットボール選手であるギニアのエリック・ムサンバニさんが出場しました。ギニアでは当時プールが最長で17mのものしかなく、ムサンバニさんはそれまで競泳をしたことありませんでした。
国の方針で代表となったムサンバニさんは、8ヶ月だけ練習をしてオリンピックに出場。もちろん最下位かと思われましたが、同組の2人が揃ってフライングで失格に。1人きりでおぼれるように泳ぎ、50mを2分近くかけてゴールしました。オリンピックワースト記録ながら、観客たちは感動のあまりスタンディングオベーションとなりました。

薄い水着にご用心?イタリア代表選手を襲った悲劇

2009年、4年に1回開催される地中海競技大会において、イタリアの女子競泳選手でオリンピック代表のフラヴィア・ゾッカリ選手が、スタート直前に水着の縫い目から避けてしまい、お尻があらわになってしまいました。
スタート直前であり、着替える時間がなかったことから、ゾッカリ選手は残念ながらスタートすることができず、失格扱いとなってしまいました。着ていた水着は、当時究極のフィット感と呼ばれる「Jaked J01」だったようです。

おすすめの記事