「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

スイマーの憧れの場所!日本の水泳競技の聖地をご紹介!

2017 6/13 12:41フェデ
水泳,プール,東京辰巳国際水泳場
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 Dddeco

スイマーたちのあこがれの場所。聖地と呼ばれているプール場を紹介していく。 水泳をしたことがある人なら一度はあこがれる聖地。ぜひ参考にしてみてほしい。

スイマー憧れの聖地、東京国際辰己競技場

マスターズ大会も数多く行われている,東京国際辰己競技場のプールは、スイマーが憧れるプール場だ。あの北島康介選手が世界新記録を出したプールとしても有名で、競泳のみならず、シンクロの日本選手権も行われ、一般公開日では50mプールで泳ぐこともできる。
新木場駅や辰己駅から出ている無料シャトルバスを利用できる。周りには、アパホテルやホテルイースト21、ホテルサンパティオなどの宿泊施設や居酒屋、中華料理店などの飲食店も多数あるなど、充実したエリアになっている。

東京国際辰己競技場の施設情報

東京国際辰己競技場のメインプールは、50m×25mが10コース、短水路コースが16コースと、競泳のみならずシンクロナイズドスイミングの大会も行える設備だ。そのほか、サブプールは50m×15mが7コースもあり、また、飛込み競技が行える25m×25m×水深5mのダイビングプールも整えられている充実ぶりだ。
年間通して全国大会のほか、世界選手権も行われているが、一般公開日もあり、この日は憧れの聖地で泳ぐことができる。

おすすめの記事