「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

ポセイドンジャパンの出場に沸いた水球、オリンピックの名場面は?

2017 2/9 09:26
water polo players
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 http://www.swim.or.jp

リオデジャネイロオリンピックでは、水球日本男子代表が32年ぶりに出場し、強豪と善戦を繰り返して話題になりました。 ところで、水球のこれまでのオリンピックの名場面には、どんなものがあるのでしょうか?

リオデジャネイロオリンピック、セルビア悲願の金メダル

水球男子の世界で、近年あらゆる大会で上位に進出し、優勝を重ねていたセルビア。そのセルビアにとって、オリンピックでの優勝は悲願でした。しかし、リオデジャネイロオリンピックでのセルビアチームも、序盤は苦戦を強いられました。1次リーグで、初戦、2戦目と引き分け、3戦目は開催国ブラジルの勢いに飲まれ、敗れてしまいました。
しかし、そこから立て直し、迎えた決勝戦。相手は連覇を狙うクロアチアでした。第3ピリオド、一時は6-4と2点差に迫られましたが、そこでエースのフィリポビッチが連続得点して突き放し、11-7で勝利しました。フィリポビッチは19得点で大会の得点王に輝きました。

リオデジャネイロオリンピック、ポセイドンジャパンの善戦

リオデジャネイロオリンピックで、ロサンゼルス以来32年ぶりの出場を果たした水球日本男子代表、ポセイドンジャパン。1次リーグで5戦5敗となりましたが、強豪と十分に戦えることを証明しました。特に初戦のギリシャ戦は見ごたえがありました。
ギリシャは前年に行われた世界選手権3位の強豪チーム。そのギリシャに対して、第1ピリオド、硬さが見える日本は調子がつかめず、0-2とリードされます。しかし、徐々にペースを取り戻した日本は、第2ピリオドを終えて3-4と1点差に迫りました。そして、第3ピリオドで一気に4得点を奪い、7-4と逆転します。日本の大金星かと思われた第4ピリオド、ファウルによる退水の状況をギリシャは見逃さず、残り1分20秒で7-7の同点に。そして残り38秒に決勝点を決められました。日本の未来と世界の壁の両方を感じた瞬間でした。

おすすめの記事