「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

夢と感動と愛を与えた日本水泳界の偉人5人

2016 7/23 23:12
水泳、メダリスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

近年の日本水泳のレベル向上には目覚ましいものがありますが、その水泳界が輩出してきた個性あふれるレジェンドたちに触れたいと思います。

紀ノ川で鍛えて前畑以来の感動を呼び起こした古川勝

古川勝の名前は、現在の水泳ファンにもあまり馴染みがないかもしれませんが、1956年のヘルシンキ五輪男子200M平泳ぎの金メダリストです。
古川の生まれは現在の和歌山県橋本市、同じ町内には水泳界の偉人、前畑秀子がいました。前畑が日本中に興奮と感動を巻き起こしたベルリン五輪の年に古川は生まれています。それから20年後に今度は自らが世界の頂点に立つのですから、世の中には数奇な繋がりがあるものです。
幼少の頃から紀ノ川で泳いで次第に才能を開花させた古川ですが、彼の名前を世界に知らしめたのは、何といっても「潜水泳法」です。
潜水がオッケーだった当時のルールのもとで古川は、他の選手がスタートから20M程度で浮かび上がってくる所を、その倍以上潜って金メダルの栄光を勝ち得たのでした。

驚異的な世界新を連発して夢をかなえた田口信孝

古川が紀ノ川で水泳に馴染んでいったのに対して、田口信孝はふるさと愛媛に点在するため池で泳いでいました。中学2年までプールで練習をしたことがなかったというのですから驚きです。
大学3年の折に出場したミュンヘン五輪では、100M平泳ぎ準決勝で1分5秒1という、当時の世界記録を1秒近くも上回る驚異の世界新を叩きだました。 それをテレビで観ていた日本のファンは一様に「ああ、勿体ない、準決勝と勝の2回に分けておけば」と思ったそうですが、決勝ではなんと、その記録をさらに上回る1分4秒9で堂々の金メダルに輝いたのです。
独特のロケットスタート、世界の競泳ルールを変えさせた田口キックなど、数々の伝説を生みだした、まぎれもない水泳の巨人でした。

おすすめの記事