「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

夢と感動と愛を与えた日本水泳界の偉人5人

2016 7/23 23:12
水泳、メダリスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

近年の日本水泳のレベル向上には目覚ましいものがありますが、その水泳界が輩出してきた個性あふれるレジェンドたちに触れたいと思います。

紀ノ川で鍛えて前畑以来の感動を呼び起こした古川勝

古川勝の名前は、現在の水泳ファンにもあまり馴染みがないかもしれませんが、1956年のヘルシンキ五輪男子200M平泳ぎの金メダリストです。
古川の生まれは現在の和歌山県橋本市、同じ町内には水泳界の偉人、前畑秀子がいました。前畑が日本中に興奮と感動を巻き起こしたベルリン五輪の年に古川は生まれています。それから20年後に今度は自らが世界の頂点に立つのですから、世の中には数奇な繋がりがあるものです。
幼少の頃から紀ノ川で泳いで次第に才能を開花させた古川ですが、彼の名前を世界に知らしめたのは、何といっても「潜水泳法」です。
潜水がオッケーだった当時のルールのもとで古川は、他の選手がスタートから20M程度で浮かび上がってくる所を、その倍以上潜って金メダルの栄光を勝ち得たのでした。

驚異的な世界新を連発して夢をかなえた田口信孝

古川が紀ノ川で水泳に馴染んでいったのに対して、田口信孝はふるさと愛媛に点在するため池で泳いでいました。中学2年までプールで練習をしたことがなかったというのですから驚きです。
大学3年の折に出場したミュンヘン五輪では、100M平泳ぎ準決勝で1分5秒1という、当時の世界記録を1秒近くも上回る驚異の世界新を叩きだました。 それをテレビで観ていた日本のファンは一様に「ああ、勿体ない、準決勝と勝の2回に分けておけば」と思ったそうですが、決勝ではなんと、その記録をさらに上回る1分4秒9で堂々の金メダルに輝いたのです。
独特のロケットスタート、世界の競泳ルールを変えさせた田口キックなど、数々の伝説を生みだした、まぎれもない水泳の巨人でした。

1988年夏、16年ぶりに夢を咲かせた鈴木大地

鈴木大地といえば、なんといってもバサロ泳法です。
ソウル五輪決勝では乾坤一擲、ただただ金メダルのみを狙って、スタミナ切れのリスクを恐れず、スタートから30Mにも及ぶバサロスタートを決めたのでした。 ラスト10Mを切ってからの息を飲むような熾烈なデッドヒートは、まだ鮮明な記憶として我々の脳裏に残っています。
田口がミュンヘンで優勝したのは1972年、それから16年もの間、ほとんどメダルとは縁のなかった日本水泳界でしたが、その暗雲をバッサリと払い落としてくれたのが鈴木でした。
鈴木はまたソウル五輪選考会で、専門外の100M自由形に出場し、見事優勝を遂げています。天才の面目躍如といった感じです。

マイケル・フェルプスに肉薄した愛のスイマー、山本貴司

北島康介が「兄貴のような存在の人」と慕う山本貴司は、大阪市住之江区生まれ。 3歳の時から家の前にあったイトマン・スイミングスクールに入り水に親しむようになりました。
山本の選手生活での白眉は、2004年アテネ五輪200Mバタフライ決勝でしょう。 後年、自身が語っているように「あそこが水泳選手としてのピーク」だったそうですが、ひとりで金メダルを通算18個も獲得したマイケル・フェルプスに迫ったあのレースは、多くの日本人に感動と勇気を与えました。

史上最年少、誰もが予想だにしなかった金ゲットの岩崎恭子

岩崎恭子がバルセロナオリンピック女子200M平泳ぎで金メダルに輝いたのは1992年。
競泳史上最年少(14歳と6日)金メダリストということで当時の話題をさらいましたが、決勝戦が行われるまえは、当時の世界記録保持者のアニタ・ノールトは持ちタイムがあまりに違いすぎ、日本の水泳ファンもほどんどが「よく頑張って決勝に残った、えらいぞ、中学生」という心境だったようです。
その岩崎も今夏で38歳、一女の母になっています。

まとめ

3か月後に迫ったリオ五輪、萩野公介を中心としたチーム日本の水泳陣には、大きな期待が寄せられます。 とりわけ萩野には北島に次ぐレジェンドになるべく、金メダルを獲りに行って欲しいものです。

以上「夢と感動と愛を与えた日本水泳界の偉人5人」でした。

関連記事

おすすめの記事