「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

日本の「お家芸」水泳の名実況5選

2016 11/10 19:16
水泳
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by MSSA/Shutterstock.com

日本で人気のあるオリンピック競技の一つとして水泳が挙げられる。大会の度にメダルの量産を期待できる「お家芸」ともいえる分野だが、テレビ観戦で競技を盛り上げてくれるのが実況だ。今回は水泳の名場面を盛り上げた実況について紹介する。

今なお語り継がれる水泳の名実況「前畑がんばれ」

五輪において日本人女性初の金メダルとなった人物といえば競泳の前畑秀子選手だ。1936年のベルリン大会200メートル平泳ぎにおいて、実況を担当したNHKの河西三省氏が20回以上連呼した「前畑がんばれ」は今なお語り継がれる名実況として大変有名だ。
前畑選手は32年のロサンゼルス五輪でわずか0.1秒差の銀メダルとなり、引退も考えたものの周囲の金メダルに対する期待の高さから競技を続行した上での頂点だった。
当時は家庭にテレビは普及しておらず、現地の詳細な様子はラジオでしかわからなかったが、熱い実況に国民は「臨場感が伝わった」と高評価だったそうだ。

水泳実況で選手につけるキャッチコピーがとにかく笑える古舘伊知郎

近年のスポーツ実況を面白おかしく伝える話術においては、古舘伊知郎氏の右に出る者はいないだろう。中でも世界水泳の実況を務めた際には国内外を問わず、実況をしながら名選手に全て思いつきのキャッチコピーをつけていき話題となった。2003年の世界水泳では新鋭だった北島康介選手を出身地にちなんで「西日暮里の河童伝説」、オーストラリアのスイマー・イアンソープ選手は「一人無敵艦隊」など、視聴者を笑わせる面白いスポーツ実況を届けてくれた。

おすすめの記事