「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

競泳バタフライの名選手たち

2016 11/10 19:16
水泳
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Mitch Gunn / Shutterstock.com

一見、未経験者には難しそうに見えるバタフライだが、実は正しいフォームで泳ぐとクロールに次いでスピードが出る泳法だ。 そんなバタフライの名選手たちを紹介する。

ドイツの名選手 ミヒャエル・グロス

ドイツがまだ東西に分かれていた1980年代を代表する競泳選手ミヒャエル・グロスは、2mを超える長身と長いリーチを生かしてダイナミックに泳ぐ選手で、バタフライだけでなく自由形でも成績を残す万能型スイマーの一人だ。
1984年のロサンゼルスオリンピックでは、100mバタフライと200m自由形で世界新記録で金メダルを獲得。西ドイツの国民的英雄となった。また、次のソウルオリンピックでも200メートルバタフライで金メダルを獲得している。
日本で行われたユニバーシアード神戸大会では、頭にカタカナでドイツと刈り込みをいれて出場するといったユーモラスな部分もあるようだ。

水の怪物と言われる名選手 マイケル・フェルプス

オリンピックのメダル獲得数で史上1位の記録を持つのは、アメリカのマイケル・フェルプスだ。
200mでは史上最年少で世界新記録を更新してから、自分で記録を更新して保持し続けている。2004年のアテネオリンピックから、北京、ロンドン、リオデジャネイロと4大会連続で、100m、200mバタフライで金メダルを獲り続けている。自由形や個人メドレーでもメダルを獲得し、オリンピックだけでも23個の金メダルをはじめ、28個のメダルを獲得している。
また、北京オリンピックでは8個の金メダルを獲得したが、これも史上初の記録だ。 もちろん、世界選手権でも33個のメダルを獲得しており、名実ともに史上最強のスイマーだ。

おすすめの記事