「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

背泳の名選手たち

2016 11/10 19:16
水泳
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Mitch Gunn / Shutterstock.com

数ある競泳の種目の中でも、唯一飛び込みをしない、後ろ向きに泳ぐという泳法の背泳で、活躍した選手たちを紹介する。

日本人の背泳の名選手といえば 鈴木大地

小学校2年生からスイミングスクールに入って水泳を始めた鈴木大地は、高校生の時に初のオリンピックとなるロサンゼルスオリンピックに出場するが、思うような成績が残せなかった。しかし、大学に進学後、1986年のソウルアジア大会では100m、400mメドレーリレー、1987年のユニバーシアードでは100m、200mで金メダルを獲得する。
その後、1988年のソウルオリンピックに出場。日本競泳陣として16年ぶりの金メダルを100mで獲得する。同時に、当時彼が採用していた、水中に潜ったまま進むバサロ泳法が有名になった。

同一種目三連覇の名選手 クリスティーナ・エゲルセギ

クリスティーナ・エゲルセギは、ハンガリーのブタペスト出身の選手だ。 1988年のソウルオリンピックに14歳で出場し、200mで金メダルを獲得。当時最年少金メダルの記録を更新した。次の1992年バルセロナオリンピックでは、100m、200m、400メートル個人メドレーで3個の金メダルを獲得し、1996年のアトランタオリンピックでも、200mで金メダルを獲得。同一種目で3連勝の記録を打ち立てている。

おすすめの記事