「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

これでもう迷わない!メンズの競泳水着の選び方

2016 11/10 10:16
水泳
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by nattanan726/Shutterstock.com

水泳に興味がある男性の方へ。 競泳水着を買いたいけれど、どれを選べばいいのか分からない人のために、 今回はメンズの競泳水着の選び方をご紹介します。

競泳水着の定番「フィットネス水着」

メンズ用競泳水着ならば、フィットネス水着がオススメです。初めてでも着用しやすく、普通の水着よりも「水の抵抗」を感じにくい特徴があります。スパッツタイプにすることで、より肌に密着して泳ぎやすくなるでしょう。下半身も引き締まり、フォームに力が入ってしまうのを未然に防いでくれます。値段も手頃なので、多くの水泳男子が愛用しています。これから競泳水着を選ぶ方や、タイムをそこまでシビアに意識しない方にとって、優れたアイテムです。

レーシングフィットネスの選び方(高速)

同じフィットネス水着でも、「レーシングフィットネス水着」を選ぶときには、注意が必要です。「高速」と書かれているフィットネス水着は、ランクが一番高い物です。オリンピック選手向けに作られており、最高のパフォーマンスで泳ぐことができます。姿勢も真っすぐになり、これを履くだけでもタイムを若干縮めることが可能です。
しかし値段が高く、上級者向けのアイテムなので、コストパフォーマンスは良くありません。生地も伸びないので、慣れるまで非常に履きづらいです。

レーシングフィットネスの選び方(プロ志向)

「プロ志向」のレーシングフィットネスは、「高速」タイプよりも、履きやすいとされています。それでも、スパッツタイプのフィットネス水着よりも肌への密着感が強くなるため、履き慣れるのに時間がかかります。「プロ志向」のレーシングフィットネスは、どちらかといえば「大会向け」の競泳水着です。普段の練習で履くほどの物ではありませんが、タイムを競う大会では必要になってきます。「高速」タイプの機能に近いので、本番でも十分活躍してくれる競泳水着です。

メンズだからこそできる、「ビキニパンツ」

メンズの競泳水着では、「ビキニパンツ」という選択肢もあります。
「高速」タイプや「プロ志向」のレーシングフィットネス水着では肌に合わないという方がいます。しかし、スパッツタイプのフィットネス水着で競技の本番に出るのは、タイムやメンタル面で避けたいところ。そんなときにビキニパンツを選べば、ハイパフォーマンスで大会に出場できます。問題点としては、露出が多く、視線が集まりやすいことです。視線が気にならないのであればビキニパンツも競泳水着の選択肢としてオススメです。

メンズ競泳水着の選び方の共通点

どの競泳水着でも、窮屈なほど密着している、いわゆる「きつい」水着が理想となります。陸上でちょうど良いと思うサイズは、プールに入ったときに、水の抵抗を受けやすいです。しかし、痛いほどきついのは、サイズが合っていないだけなので注意してください。欲しいサイズがなければ取り寄せをするぐらい、競泳水着にはこだわりましょう。
また、競泳水着には耐久時間があります。耐久時間が100時間の場合、週3回で1日1時間泳いだら、半年で寿命を迎えるペースです。競泳水着のサイズと寿命にも気を付けましょう。 そのほか、水着の後ろのシール(FINAマーク)は剥がせないので、購入前に付いていないかを確認することも大切です。

まとめ

いかがでしょうか? メンズの競泳水着は、意外と選択肢があるものです。いきなり上級者向けを買うことも可能ですが、やはりスタンダードなフィットネス水着から着用するほうが無難でしょう。 選ぶ際には、サイズや構造をよく見てから決めることをオススメいたします。

関連記事

おすすめの記事