「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

もっとうまくなる!バタフライ上達のコツ5つとは?

2016 11/10 10:16
水泳
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Nejron Photo/Shutterstock.com

水泳を趣味にしている方へ。 「もっと泳ぎがうまくなりたい!」そう考えている人のために、 今回はバタフライの上達のコツを5つご紹介します。

バタフライの体の使い方を、改めて見直そう

バタフライの泳ぎ方に慣れてくると、自然とタイムを縮めようとして、力が入ってしまいます。力任せの泳ぎ方では、上達しないばかりではなく、体を痛めてしまいます。特にバタフライは腰に負担がかかるので、注意しましょう。基本は、体を真っすぐ、膝は90度、足首を伸ばしたキックです。腰を使うことで、無理なくリズミカルに動けます。顎でうねり、「お腹のひきつけ」と「背中の反り」を確認しながら、体の使い方をチェックします。

バタフライでは、手を使うタイミングを意識する

体の使い方をチェックしたら、今度は手の使い方をチェックしましょう。前方に手を伸ばして、腕から足まで反動をつけてキックします。手で1回水をかいたら、2回キックするリズムで泳ぎます。1回目のキックでは、手の入水と同時に前進するようにしましょう。2回目のキックは「手で押しきる瞬間」に行い、体を浮かせるようにしてください。「前に進むキック」と「浮くためのキック」を意識しながら、手を使っていきます。腰を曲げる時間よりも、背中を反る時間を長く使い、手を耳の後ろにしっかりロックすると上達しやすいです。

おすすめの記事