「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

もし競泳自由形で日本が金メダルをとったらどうなる?

2016 10/17 10:21
オリンピック 競泳自由形
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Maxisport / Shutterstock.com

子どものころ「クロールがうまい=かっこいい!」という漠然としたイメージをもっていませんでしたか?オリンピックでも、クロール=競泳自由形といえば、水泳競技のなかでも最高の花形です。水泳ファンの方へ「もし日本人が金メダリストになったらどうなるのか」のまとめをお届けします。

競泳自由形で日本は金メダルをとれるのか?~男子選手の過去の成績

オリンピックの競泳で日本人のメダリストといえばなんといっても北島康介選手ですね。2004年のアテネ、2008年の北京と2大会連続で100m・200mのに種目で金メダルとなりました。でも残念ながら北島選手の種目は平泳ぎ。
では自由形ではどうかというと、さかのぼること80年以上前、1932年のロサンゼルスオリンピックと1936年のベルリンオリンピックで、日本の男子選手が競泳自由形で金メダリストとなっています。
しかしそれ以降となると金メダルはありません。メダル自体、1960年のローマオリンピックで銀メダルをとったのが最後で、現在まで表彰台から遠ざかっています。陸上の短距離とは違い、競泳自由形は技術でタイムをかせげる種目です。実際、日本人でも金メダルをとった歴史があるのですから、将来金メダリストが生まれる可能性は十分あります。

競泳自由形で日本は金メダルをとれるのか?~女子選手の過去の成績

競泳自由形の女子選手の成績をみると、2004年アテネオリンピックで柴田亜衣選手が800mの金メダルをとりました。しかし金メダルにかぎらず、すべてのメダルをあわせても日本人女性が競泳自由形でメダルをとったのはその一度きり…。
技術でタイムを稼げるという点で男女の差はありませんが、自由形は背泳ぎや平泳ぎなどと比較すると、身体能力の優位が大きく成績に影響する種目です。そのため小柄な体型の多い日本人女性の場合、いかに鍛錬を重ねても骨格や筋肉の構造が桁違いに大きい外国人選手にはかなわない、という苦しい現実があります。

おすすめの記事