「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

一度は観た、聞いたことがある?水泳の五輪名場面5選

2016 10/4 00:52
水泳
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Maxisport / Shutterstock.com

日本が世界に誇れるオリンピック種目の一つといえば水泳だろう。4年に一度の大舞台に備えて泳ぎを磨いてきた一流アスリートがみせる名場面は多くの人の心を打つ。今回は、水泳において人々の記憶に残る名場面を振り返る。

背泳ぎの鈴木大地選手がみせたソウル五輪決勝の名場面

1988年のソウル五輪で競泳日本人に16年ぶりの金メダルをもたらしたのは、スポーツ庁初代長官としておなじみの鈴木大地選手だ。鈴木選手の代名詞はバサロ(潜水)泳法で、25メートルの潜行によって序盤からリードを広げる戦法を取っていた。しかし、金メダルを獲るためにはアメリカの世界記録保持者、デビット・バーコフ選手という高い壁を超える必要があったのだ。
本大会準決勝ではバーコフの後塵を拝したものの、決勝ではバサロを30メートルまで伸ばす秘策で前半はバーコフに食らいつき、終盤の追い上げでかわして逆転の金メダル。横一列の勝負になると大会の一ヶ月前から見込んでいた鈴木選手は爪を伸ばし続けるなど、コンマ勝負の戦いを周到に準備した末の作戦勝ちだったのだ。

14歳6日の水泳金メダルに「今まで生きてきた中で一番幸せ」

日本最初の女性金メダリストは1932年ベルリン五輪平泳ぎ200メートルの前畑選手だったが、日本最年少の金メダリストは92年バルセロナ五輪で同じく競泳平泳ぎ200メートルで金メダルに輝いた岩崎恭子選手だった。当時彼女は14歳になったばかり。大会前は無名扱いで本人でさえ「決勝に残ればいい」と語っていたが、記録が伸び盛りだったこともあってか予想を覆す快進撃を見せて、金メダルとなった。
14歳と6日での優勝であることに加えて、岩崎選手が「今まで生きてきた中で一番幸せ」とインタビューで語ったことも話題となり一躍時の人となった。

おすすめの記事