「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

荻野公介の輝かしい功績をご紹介~和製フェルプスと称される水泳選手~

2016 10/4 00:52
水泳
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Maxisport / Shutterstock.com

これからの水泳界を牽引していくと期待される荻野公介選手。
リオデジャネイロオリンピックで、見事メダルを獲得したことからファンになった方も多いのではないだろうか。
個人メドレーで金メダリストとなった荻野公介選手を詳しく知りたい方に、生い立ちや功績などを紹介していく。

荻野公介選手の生い立ちと水泳との出会い

1994年8月15日に栃木県小山市で生まれた萩野公介選手。幼少期には水泳だけでなく英語やピアノなどさまざまな塾に通っていた。その中で夢中になったのが水泳だった。
水泳は生まれて6カ月で始めており、幼稚園になった頃には才能に将来性を見出され、“選手育成コース”へと進む。幼少期の荻野公介選手は、3歳になるまでまわりの人が心配するほど無口な子どもだったが、水泳に打ち込む姿を知っている両親はまったく心配していなかったそうだ。

メドレーの基礎となった荻野公介選手が通った名古屋のスクール

栃木県で幼少期を過ごした荻野公介選手は、父親の仕事の関係で小学校1年生の夏から2年生の終わりまで愛知県名古屋市に在住。
名古屋でも水泳のレッスンを受けるため中村区にあるスイミングスクールに入ろうとするが、入校の条件があり、「自由型・平泳ぎ・背泳ぎ・バタフライの四泳法が必須」だったため、バタフライの経験がなかった荻野公介選手は、猛特訓を重ねた。この名古屋での経験が、すべてのスタイルで泳げる荻野公介選手の基礎になったといっても過言ではない。本人も「名古屋時代がなければ今の自分はいない」と語っている。

おすすめの記事