「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

水泳・選手入江陵介選手の輝かしい功績

2016 10/4 00:52
競泳
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Maxisport / Shutterstock.com

背泳ぎの競泳選手として活躍している入江陵介選手。
その名が一躍有名になったのは、2012年ロンドン五輪でのメダル獲得がきっかけだった。
引き締まった筋肉とさわやかなルックスで人気の入江陵介選手の功績を、生い立ちも交えて紹介する。

入江陵介選手の水泳人生のスタート

入江陵介選手は1990年生まれ、大阪府大阪市天王寺区出身だ。水泳を始めたのはなんと0歳のベビースイミングからだそうで、この時からすでに水泳選手としての経歴をスタートさせていたのだ。
4歳からはお兄さんたちが通うイトマンスイミングスクール(略称:イトマン東進)玉出校に通い始めた。背泳ぎの選手として知られているが、中学から本格的に背泳ぎに転向したようだ。この頃からすでに頭角を現し、数々の記録を樹立していく。

入江陵介選手、すでに頭角を現していた中学?高校生時代

中学卒業直前、100m、200mの背泳ぎの2種目で当時の日本中学記録を樹立する。その後、高校1年生の時の高校総体の背泳ぎで優勝し、続く日本選手権でも200m背泳ぎで日本高校新記録を樹立するという偉業を達成している。
2006年からは海外の大会にも出場しており、同年ドーハにて行われたアジア大会の200m背泳ぎで優勝している。その後も背泳ぎの新記録樹立を連発し、2007年には日本選手権初優勝を飾り、翌年18歳で初めてのオリンピックとなる北京オリンピックで出場を果たしている。

入江陵介選手、世界に示した実力

2009年の日本選手権では、100m背泳ぎで宮下純一選手の持っていた日本記録を破ったが、ライバルである古賀淳也選手に破れる。同年、100m背泳ぎで再び日本記録を樹立。そしてついに200m背泳ぎで、ライアン・ロクテ選手の世界記録よりなんと1秒以上速いタイムを叩き出したのだ。
しかし、着用していた水着が国際水泳連盟によって定められていた規定を満たさないものだったため、世界新記録として公式に認可はされなかった。 日本水泳連盟はこの記録を日本新記録として公認しており、入江陵介選手の日本記録が当時の世界記録を上回っていたことになる。

入江陵介選手のオリンピックでの功績

2度目の五輪出場は22歳の時、2012年のロンドンオリンピックだった。入江選手は100m背泳ぎで銅メダル、200m背泳ぎで銀メダルを獲得。400mメドレーリレーでも銀メダルを獲得した。個人、団体種目合わせて3つのメダルを獲得し、日本競泳チーム全体で戦後最多11個のメダルを獲得したのだ。
続く世界選手権では、個人種目のメダル獲得はならなかったものの、団体種目の400mメドレーリレーでは銅メダルを獲得した。 この頃からメディア露出も増え、2016年のリオデジャネイロオリンピックでは金メダルに意欲を示した。

入江陵介選手のこれから

背泳ぎを専門としていたが、2014年に開催されたジャパンオープンでは個人メドレー200mにも出場し、優勝を果たして活躍を期待されていた。 そして2016年、26歳でリオデジャネイロ五輪に挑んだ入江選手は、100m、200m背泳ぎ、400mメドレーリレーの3種目に出場したが、最高成績はメドレーリレーで5位という結果に終わり、表彰台へ上がることはできなかった。自身のtwitterでファンに向けて

「悔しい成績しか残す事が出来ず申し訳ないだ。たくさんの応援、サポート本当にありがとうございました。」

出典: CYCLE

とコメントして悔しさを滲ませた。

まとめ

リオでは不完全燃焼の結果となってしまった入江陵介選手だが、2020年の東京オリンピックでは日本の競泳チームを引っ張っていく選手として期待したいと思う。 今後もその活躍から目が離せない。

関連記事

おすすめの記事