「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

ゴーグルの選び方について~水泳競技において重要な道具の一つ~

2016 10/3 15:52
水泳 ゴーグル
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Satyrenko/Shutterstock.com

2016年のリオデジャネイロオリンピックでの日本人の活躍がめざましかった競技のひとつが水泳競技です。
近年、素材の変化などで進歩する水着と同様に、水泳に必要な道具であるゴーグルの選び方についてポイントを紹介します。

クッションの有り無しによるゴーグルの選び方

顔とゴーグルに接する部分にゴムのクッションが有るか無いかで、付け心地が大きく違い、用途が変わります。 クッションがあるものは、水の抵抗は大きいですが、ゴーグルの付け心地がやわらかく感じる場合が多く、初心者やフィットネス用に適しています。
また、クッションがないものは、顔によりフィットするので水の抵抗が少なくなります。ただし、密着度が高いため目が痛くなる場合があり、長時間使用には向いておらず、主に競泳用や競技用に使用されます。

レンズの種類によるゴーグルの選び方

メガネなどを使用している場合は、度付きのレンズを使用することが多く、選ぶときは専門店でテストレンズなどを実際にはめて行います。 まぶしい太陽をさえぎるように屋外で使用する選手や、試合時に目の表情や動きによる調子を他の競技者に見破られないようにする選手などに選ばれるのが、表面をミラーコーティングされたミラーレンズです。
また、レンズの色というのはそれぞれの個人の好みが大きいですが、見た目の印象も色によって違うで、レンズの色でゴーグルを選ぶのも選び方のひとつです。

おすすめの記事