「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

これでさらに速く泳げる!クロール上達のコツ5つ

2016 10/3 15:52
水泳 クロール
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by takoburito / Shutterstock.com

水泳に興味がある方へ。
「もっと速く泳ぎたい!」そんな人の思いに応えるために、今回はクロール上達のコツを5つ、ご紹介します。

クロールの手の動かし方

「クロールで泳ぐことはできるけれど、なかなか前に進まない」と悩んでいる方は、手の動かし方に問題があるのかもしれません。クロールで水から手を出すときは、肘を上げるようにしてください。
その後、肩を回しながら腕を前に動かすイメージをするだけで、無駄のない動きになります。このときに、脇を閉じないように気を付けましょう。肘を少し高く引くことで、脇の問題は解消されます。前に来た腕が水の中に入った後は、太ももに向かって「水を押す」イメージで速く泳げます。

クロールの足の動かし方

足は、膝も足首も柔らかく使うことが大切です。特に、足首に力を入れないことで、自然としなやかなフォームになります。つま先を伸ばすイメージも必要ですが、何よりも力まないようにしましょう。膝は真っすぐを意識しながら、少し曲げる程度にします。バタ足をするときは、太ももを使って動かしてください。足先でバタ足をすると、前に進む力が足りなくなり、なかなか上達しません。
また、太ももを使えば、膝や足首を柔らかく動かすことにもつながります。水しぶきもあがらないので、泳ぎに無駄がなくなります。

おすすめの記事