「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

夏だけじゃない!?サーフィンに適した時期とは

2017 1/30 12:29
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典: MJTH/shutterstock.com

マリンスポーツの定番ともいえるサーフィン。 海に囲まれ、四季折々の気候条件がある日本だからこそ、サーフィンは一年中楽しめるスポーツなのです。 今回はこれからサーフィンを始めたいという方にもわかりやすく、サーフィンに最適な時期や波の特徴についてご紹介したいと思います。

サーフィンのベストシーズンとは

サーフィンに最適なシーズンは、やはり夏です。気温が高く水温も上がるので、体への負担も少なくなります。台風などの気候条件に気を付けなくてはいけませんが、台風が発生すると波にうねりが出て、サーフィンには最高の波の条件が揃いやすいというメリットもあります。
沖縄や湘南などのサーフィンスポットやビーチ周辺のサーフィンスクールでは、体験コースなどが設けられているので、レジャーや観光のコースに取り入れやすいというのもポイントです。

サマーシーズン以外の波の状態について

海に囲まれた日本では、夏以外のシーズンも装備さえ整えれば一年中サーフィンを楽しむことができます。
春先はまだ海水の温度が冷たく、厚手のウェットスーツが必要です。しかし、日中の温度が20度を超えてくれば、サーフィンをするには十分です。夏の台風ほどではありませんが、春一番がもたらす波のうねりも期待できます。
秋の9~11月頃も、台風の影響を受け、太平洋側では海水温度が25度くらいになることも多いため、サーフィンに適した季節と言えます。

冬でも楽しめるサーフィン

気温が下がる冬はオフシーズンかと思いきや、意外にも狙い目なシーズンでもあります。風が弱い日には海水は15~20度と意外と温かく、冬シーズン用のウェットスーツで防寒対策をすればサーフィンができます。
千葉県の南房総や神奈川県の湘南など太平洋側は比較的水温も高く、冬でもサーフィンを楽しむ人で賑わっています。とはいえ、夏のベストシーズンほどではないので、ビーチが空いていて練習しやすいという点もメリットと言えるのではないでしょうか。

一年を通してサーフィンを楽しむコツとは

寒い時期には、ハワイなど暖かい海外へサーフトリップという手もあります。しかし、幸いなことに日本は、ハワイほどではありませんが、一年中サーフィンを楽しめる環境にあります。
そのためには、ウェットスーツやワックスなど、季節に合った装備を整えることが重要です。そして、その日の波の状況などリアルタイムでの情報を得ることも肝心です。気象庁の台風情報や海水温度MAPだけでなく、その日のビーチの波情報を発信しているサーフスクールのHP、サーファーのSNSなどがおすすめです。

初心者におすすめのサーフィンの時期とは

初心者が気軽に挑戦しやすいのは夏ですが、ビーチの混雑具合は悩みの種といえるでしょう。サーフィンには、1つの波には1人しか乗ってはいけないことや、前乗りと言われる割り込み行為の禁止など、サーファー同士が安全のために守るべきルールがたくさんあります。
人が多いということは、そういったトラブルにも遭いやすいといえるでしょう。逆に人の少ない冬は、厚手のウェットスーツで身動きしづらく、熟練向けといえます。そのため、うねりが少なく練習に最適な波の多い春か、混雑具合もやや落ち着いて気候も良い秋がおすすめです。

まとめ

日本のサーフィンに適した時期と、波の特徴についてご紹介しましたが、いかがでしたか? 夏のマリンスポーツのイメージが強いサーフィンですが、体験スクールなども充実しているので始めやすく、一年を通して楽しめます。 気軽に挑戦してみてくださいね。

関連記事

おすすめの記事