「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

2020年東京オリンピック正式種目に決定!サーフィンを大予想

2017 1/30 12:29
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典: trubavin/shutterstock

2020年に開催される東京オリンピック。 サーフィンが追加競技として採用されることが決定しました。 そこで、東京オリンピックのサーフィンはどのような競技になるのか予想してみました。

サーフィンはどんな競技?

レジャースポーツというイメージが強いサーフィンですが、競技人口はなんと全世界で3000万人以上!日本はもちろん、世界中のビーチで大会が開催されており、若者を中心に人気のあるスポーツです。
使うボードの種類によって、大きく分けてロングボードとショートボードがありますが、今回オリンピックに採用されたのはショートボードの男女2種目です。
競技としては、波に乗った状態で繰り出す技の難易度やスピードなどによって点数が加算され、そのスコアを競うというものになります。

オリンピックのサーフィン正式採用に伴う国内の反応

サーフィンに関しては、「サッカーや野球のように勝敗がわかりにくいのではないか」「自然を相手にするので天候に左右されるのではないか」といった懸念があったようですが、競技人口の多さと若い年代へのアピールという意味合いも含めて採用に至ったようです。
なんといっても、オリンピック史上初の競技の舞台が日本という輝かしい事実に、国内のサーファーたちは歓喜に沸いたことでしょう。都心からのアクセスも良い神奈川県の稲村ヶ崎や千葉県の一宮町など、サーファーに人気のスポットがあるということも一因だったのではないでしょうか。

おすすめの記事