「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

サーフィン初心者でもできる技がある!?技の種類とコツ

2017 1/30 12:11
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Digital Media Pro / Shutterstock, Inc.

サーフィン初心者でもかっこいい技をやってみたい。そう思う人も少なからずいるはずです。 そんな人におすすめのサーフィンの技を集めてみました。 コツを載せているので、ぜひチャレンジしてみてください。

サーフィンの技って?

サーフィンの技といっても、初心者だと波に乗るのもおぼつかないかもしれません。波にしっかり乗れるようになってきたら、チャレンジするようにしてください。海は何が起こるかわからないので、危険もいっぱいです。そのことをしっかりと念頭に置いて練習しましょう。
「サーフィンの技」イコール「テクニック」だと思ってください。テクニックを磨き上げることによって、自然に技を繰り出せるようになりますよ。しっかり段階を踏んでテクニックを磨いていきましょう。では、次の章からは技の説明とコツをご紹介します。

波をメイクする

初心者にとって一番重要なのが「波をメイク」することです。テイクオフした後に波のフェイス(面)ができているとします。そこで数秒しか乗れなかったのであれば、テクニック不足です。この波をしっかりと乗り切ることができるようにすることが重要です。
最後まで乗れるようにするためには、バランス感覚と波をしっかり見極めることが必要になってきます。いくら運動神経が良くても、体幹がしっかりしていなければ、ボードの上に立っていることもできません。体幹をしっかりと鍛えることがコツとなります。

初心者におすすめの技アップス&ダウンとは?

アップス&ダウンとは、波のフェイスを駆け上がってみたり、滑り下りてみたりして、ボードのスピードを加速するための技です。サーフボードは波に押されることによってスピードを上げたり、前に進んだりしますが、波の力だけでは限界があります。そのため、波に押されているだけではなく、自分で力を加えることが必要となってきます。
特に日本の海はこの技が必要なので、絶対に覚えておきましょう。では次の章でアップス&ダウンのコツをご紹介します。

サーフィンの技アップス&ダウンのコツ

アップス&ダウンのことがわかったと思いますので、今度はこの技のコツについてご紹介します。
まず、波の割れ方などによってアプローチを変えるようにしましょう。進行方向に視点を向けるようにテイクオフします。次に、ヒザをしっかりと曲げ、後ろのヒザを内側に入れます。次に、後ろ足を後ろに蹴るようにしてレールを入れて、下半身と上半身の動きを連動させつつ波のトップ方向に伸びましょう(ジャンプする感じ)。波のトップに行きすぎる前に、再びヒザを曲げ、レールを抜いてボトムに降りましょう。
アップス&ダウンは、これの繰り返しです。強い波が来たら、さまざまなトップアクションをしていきましょう。

サーフィンの技を磨くための練習方法

毎日海に行ってテクニックを磨きたいところですが、実際問題として毎日行くのは難しいですよね。そこで、海に行かなくてもテクニックを磨くため、陸上でできるトレーニング方法をご紹介します。
腹筋や背筋を鍛えるのは当たり前のことなので、ここでは省略させていただきます。しっかり体幹トレーニングをしてくださいね。
サーフィンの技を磨くためのトレーニングに必要なものがひとつあります。それは「スケートボード」です。なぜかと言うと、ヒザを曲げたり伸ばしたりの練習をするのにぴったりだからです。海に行けない日は、スケートボードを使ってサーフィンの練習をしましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか? サーフィン初心者でも、できる技はあります。 一番初歩的なものをしっかりと覚えることで、中級、上級になったときに活かすことができますよ。

関連記事

おすすめの記事