「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

サーフィンでの着がえに必要!ポンチョの選び方

2017 1/30 12:11
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典: Carlos Caetano/shutterstock.com

サーフィンに行くとき、着がえていくことはできますが、着がえずに帰ることはできないですよね。 しかし、着がえる場所があるとは限りません。そんな時に重宝するのがポンチョです。 オシャレで可愛いものや実用的なものなど、たくさんの種類の中から、おすすめのポンチョをご紹介します。

サーフィンに行った時に使用するポンチョとは

サーフィンをしている人なら「ポンチョ」の必要性やどんなものかを知っていることでしょう。ただ、これから始める人にとっては、ポンチョが何かわからないかもしれません。そこで、まずポンチョはどのような時に使用するのか説明します。
ポンチョとは、体全体を覆うことができる、タオルも兼ねたものです。洋服のポンチョと形は同じです。季節に関係なくできるサーフィンは、海の家がないような場所ですることが多いので、しばしば着がえ場所に困ります。そんな時にポンチョを羽織れば、人目を気にすることなく着がえることができます。そのため、サーファーの必須アイテムともいえます。

FEELOWのお着がえポンチョ

男性でも体全体を覆えるほどの大ききさのあるお着がえポンチョは、値段もリーズナブルで活用性が高いです。素材は「マイクロファイバー」を使用しています。そのため着心地もばっちりで、吸収性や速乾性もあります。
ポンチョの前の部分には大き目のポケットがついているので、貴重品や携帯などを身につけながら着替えることができます。濡れたラッシュガードなどを入れれば保管にも困りません。サイドには少しスリットが入っているので、着替える時の窮屈さも感じません。

TLSマイクロファイバーお着がえポンチョ

こちらのポンチョもマイクロファーバーを使用しているお着がえポンチョです。肌触りは抜群で、海水に濡れた体の水分をしっかりと取ってくれます。両サイドにポケットがついているので、携帯などを入れることもできます。また、大き目のフードで顔を覆えるので、寒さ対策にもなります。
他に、のぞき見防止のボタンや内側ポケットなどもついており機能的です。カラーは「ブルーシー」「ピンクパーム」など6種類から選べるので、自分のお気に入りを見つけることができます。

GLASSYお着がえポンチョ

こちらのポンチョのおすすめポイントは「コットン100パーセント」のタオル素材を使っているところです。タオル生地なのでしっかりと吸水性があり、コットンなので肌にも優しいです。内側にも外側にもポケットがついているので、貴重品を身につけられるのも良いポイントです。
カラーは「グレー」「ブラック」「カーキー」の3種類ですが、シンプルなデザインで男女ともに使用しやすいです。160cmくらいの人で足首より少し上なので、サイズもほどよい感じです。

FRUITIONのお着がえポンチョ

こちらのポンチョには、他のポンチョにない女性にやさしい機能がついています。それは裾上げ機能です。女性は身長が低めの人も多く、そのため裾が地面にすってしまったりすることもあります。しかし、このポンチョなら、フックボタンで裾の長さを変えることができるので、小柄な人でも安心して使用できます。
また、使用している生地はマイクロファイバーなので、手触りや肌触りも抜群です。脱いだ水着を収納できる内側ポケットも嬉しいポイントです。

まとめ

いかがでしたか? これからサーフィンを始めようと思っている人やポンチョを購入しようと思っている人におすすめのポンチョをご紹介しました。 機能性が高いポンチョを使えば、サーフィン後の着がえも気兼ねなくできますね。

関連記事

おすすめの記事