「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

サーフィンをするならお気に入りのウエットスーツで!選び方5選

2017 1/30 12:11
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Digital Media Pro / Shutterstock, Inc.

サーフィンを始めたいという方は、せっかくなので用具にもこだわりたいですよね。 サーフボードとともに、自分好みのウエットスーツを着て海に出れば、気分が盛り上がること間違いなしです。 今回はサーフィン用ウエットスーツの選び方を紹介します。

ウエットスーツの種類は気候に合わせて選ぶ

一口にウエットスーツといっても、その種類はたくさんあります。夏場を除いて春から初冬まで利用することが多いのは、手首や足首まで全身を覆う「フルスーツ」です。素材の厚さから通称3ミリとも呼ばれており、年間を通じて汎用性の高いウエットスーツでしょう。
春の終わりや初夏、秋口のような、外気は暖かいものの水温が下がってきた頃は、腕が半袖の「シーガル」、逆に外気は冷たいけど水温が温かい秋から冬には、長袖、膝上までの「ロングスリーブ」を選ぶとよいでしょう。

真冬のサーフィンは全身を覆う必要もある

一方、真冬にサーフィンをするときは、ゴム素材が5ミリと厚めの素材を使用した「セミドライスーツ」、内部に水が侵入しにくい「ドライスーツ」を利用することになるでしょう。冷水から保護するため手や足先まで覆うグローブ、ブーツも必要となりますし、冷風から頭を保護するキャップもあります。
しばしば水着のみでサーフィンをしている映像を見ることがありますが、体温の維持や衝撃の保護という観点から見ると、やはりウエットスーツは必要となります。

おすすめの記事