「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

2020年五輪の競技に追加!活躍が期待される日本人プロサーファー

2016 12/16 11:07
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Kidd Silencer / Shutterstock.com

2020年の東京五輪で、スポーツクライミングや空手などと共に正式競技として追加されたサーフィンが注目を浴びています。 地元開催の五輪ということで期待は膨らむばかりですが、本番で活躍できそうな「東京世代」にはどのような選手がいるのでしょうか。

プロサーファー転向後の2011年に新人王を獲得した大橋海人選手

神奈川県茅ヶ崎市出身、1992年生まれの大橋海人選手は、最も有名な日本人プロサーファーの一人です。プロ選手に転向した2011年には日本サーフィン連盟新人賞を獲得し、一躍注目を浴びました。
父親の勧さんがプロサーファーとして活躍していた影響を受けて、3歳からサーフィンを始めると、4歳で波に乗れるまでに成長したというエピソードがあります。勧さんは2011年に他界してしまいましたが、五輪競技になることを熱望していた父の悲願を受け継いで、東京五輪を盛り上げることでしょう。

10代前半で渡豪、世界を戦うプロサーファー新井洋人選手

わずか10代前半で渡豪し、本場の環境でサーフィン修業をしてきた横浜市出身の大原洋人選手。世界のトップ選手がしのぎを削る「世界サーフリーグ」のランカーとして名を連ね、2015年の最終ランキングでは107位。2016年は2ケタまで順位を上げており、伸び盛りの選手として注目を浴びています。
2016年にコスタリカで開かれた世界選手権では、初出場ながら8位(メンズ部門)に入賞する活躍を見せました。さらなる飛躍が期待される侍サーファーは、東京五輪までにどれだけランクを上げているのか期待が高まります。

おすすめの記事