「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

元横綱・若乃花、若貴の一人として大相撲界に残した功績

2016 9/14 09:42
若乃花 画像
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by J. Henning Buchholz/Shutterstock.com

平成の初め、大相撲ブームを巻き起こした若貴兄弟について記憶にある方、知りたい方も多いと思う。
ここでは若貴の一人で、おにいちゃん横綱として人気を集めた若乃花について解説する。

相撲界きってのサラブレッド

元横綱若乃花勝は、1971年1月20日に東京都杉並区で生まれた。父親に元大関貴ノ花、伯父に元横綱初代若乃花を持つ、相撲界のサラブレッドだ。
明大中野中学、高校と相撲部に入り、高校生になるとメキメキと実力を付けてくる。しかし、弟(後の横綱貴乃花)の大相撲への入門に合わせ、高校は2年で中退。父貴ノ花の興した藤島部屋に入門する。 親方の子供から新弟子へ、同じ藤島部屋の中で自分の部屋から新弟子部屋へと、距離にしては少しの移動だったが、覚悟を決めた大きな一歩を踏み出すことになった。

そうそうたる顔ぶれの初土俵

藤島部屋に入門した若乃花は、1988年三月場所、若花田の四股名で初土俵を踏む。初土俵同期組は、弟の横綱貴乃花の他に、横綱曙、名大関と言われ通算勝利数歴代1位の記録を持つ大関魁皇など、そうそうたる顔ぶれだった。そして後年、花の63組(ロクサングミ)と呼ばれるようになる。
そんな中、翌場所には序の口で7戦全勝の優勝を飾り、十一月場所では三段目で全勝優勝と、順調に番付を上げていく。1990年三月場所では十両昇進、翌々七月場所では東十両2枚目で十両優勝を果たし、九月場所では幕内に昇進する。

おすすめの記事