「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

大相撲元横綱・朝青龍の功績~ある意味最強力士!~

2016 9/14 09:42
朝青竜
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by J. Henning Buchholz/Shutterstock.com

今の大相撲はモンゴル勢の勢いが止まらないが、その流れを作った朝青龍の功績を知りたい人も多いと思う。
そこで今回は、名横綱として名高い朝青龍について解説する。

アマチュア時代の実績は?

朝青龍はモンゴル出身だが、モンゴル相撲では実績を残しているのだろうか?実際には、少年相撲レベルで活躍していたのみだ。というのも、1997年にはすでに明徳義塾高校に留学しているので、実績を残す前に来日しているのだ。
高校時代には、文徳高校の内田水と良きライバル関係であったものの、試合では敗れている。ただ、その活躍が認められて、現高砂親方にスカウトされ、明徳義塾高校を中退して大相撲の門を叩くことになる。

あれよあれよという間にトップに!

朝青龍は、初期は努力の人間として知られていて、激しい稽古にも耐え抜き、あれよあれよという間に昇進を果たしていく。1999年の序の口で6勝をあげて以降、着実にステップアップしていき、2001年に初入幕する。
入幕後にいきなり9勝6敗の成績を収め、敢闘賞の候補に挙がる活躍を見せている。その年に、早くも当時の最強横綱である貴乃花と対戦するが、力の差は歴然で、なすすべなく負けてしまう。この悔しさが、その後の活躍の原動力となる。

おすすめの記事