「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

これだけ知っておけば大丈夫!大相撲を観戦する時の基本的なマナー

2016 9/9 08:08
相撲
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by J. Henning Buchholz/Shutterstock.com

大相撲ファンでなくとも、一度は大相撲を実際に観戦してみたいと思ったことはないだろうか。しかし、大相撲は伝統的な国技であり、きっとしきたりなどがあるに違いないと、敷居が高いのではないか。そこで観戦時に恥をかかぬよう、マナーを調べてみた。
これだけ知っておけば大丈夫!という基本的なマナーをご説明する。

観戦前の基礎知識1:チケットは最安2000円台で購入可能

伝統があって品格も高い大相撲の観戦チケットとなると、2万円も3万円もするのではないか……と想像しがちだ。
しかし、土俵に一番近い「溜席」でも約1万5000円と、思ったよりリーズナブル。次に土俵に近い「マス席」だと1万円?1万2000円。2階席だと4000円?8000円と、他のスポーツとそこまで変わりない。
なお、2階席の一部分のみ当日券が販売され、2000円台で購入できるなど、思ったより気軽に観戦することができる。

観戦前の基礎知識2:本場所は奇数月に開催される

本場所は奇数月、つまり1月、3月、5月、7月、9月、11月の年に6回開催される。開催地は以下の通り。

  • 1月場所……東京場所:両国国技館
  • 3月場所……大阪場所:大阪府立体育会館
  • 5月場所……東京場所:両国国技館
  • 7月場所……愛知場所:愛知県体育館
  • 9月場所……東京場所:両国国技館
  • 11月場所……福岡場所:福岡国際センター

なお、取り組み自体は朝9時頃にスタートして、夕方の6時くらいに結びの一番が行われるので、トータルで9時間。大相撲観戦は、実はかなり長丁場となる。

おすすめの記事