「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

実は一日中楽しめる!大相撲本場所の1日のスケジュールは?

2016 9/9 08:08
大相撲 本場所
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by J. Henning Buchholz/Shutterstock.com

テレビで放映される相撲は午後からだが、実は1日を通して取組が行われている。
今回は、大相撲本場所1日のスケジュールを紹介する。

1日のスタートは寄せ太鼓から!

本場所の1日のスタートのイベントとして、寄せ太鼓がある。会場の外で本日のスタートを知らせるために呼び出しが太鼓を叩く。意外と知られていないイベントだが、祭りでいえばスタートを知らせる花火のようなものとイメージしていただければよいだろう。
熱狂的な大相撲ファンには、寄せ太鼓を聞いてテンションを上げるという方も多いだ。太鼓は大相撲にとって重要なアイテムであり、他にも一番太鼓、はね太鼓といったイベントが存在している。

早朝から前相撲がスタート!

通常、8時30分から前相撲と呼ばれる相撲がスタートする。序ノ口の取組から序二段、三段目、幕下の取組と続いていく。序の口といっても熱戦が続き、盛り上がることは間違いない。どんな名力士も、この前相撲から大きくなっていくので、将来のスター力士を発掘するという楽しみもある。
前相撲で好成績を収めて見事出世を果たした力士には、千秋楽後に出世力士手打式が行われる。ここではお神酒が振る舞われ、若者頭と世話人と一緒に三本締めを行なのが恒例の儀式となっている。

おすすめの記事