「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

横綱の昇進条件は厳格化へ!あいまいな条件を解説

2016 9/9 08:08
横綱
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by J. Henning Buchholz/Shutterstock.com

現在の横綱になるための条件は、実はとてもあいまいなものなのだ。
横綱の昇進条件のわかりにくい点を解説する。

横綱に昇進するための条件はとてもあいまいな規定

横綱の昇進条件は、横綱審議委員会の内規に「大関の地位で2場所連続優勝、またはそれに準ずる成績をあげた力士」とあるだけだ。
この条件を満たすと日本相撲協会の委員長が横綱審議委員会に諮問する。横綱審議委員会が審議をして、出席者の3分の2以上の賛成があれば横綱に推薦され昇進が決定する。
内規の条件の「それに準ずる成績」が拡大解釈され、一度も優勝していないのに昇進した横綱もいる。具体的な勝利数の規定もないので、横綱に昇進した人の直前の成績もバラバラだし、相撲の内容が悪いとして昇進が見送られるケースもある。

昭和初期の横綱昇進基準は甘かった?

2場所連続優勝が必須条件と言われる横綱昇進の条件だが、以前は優勝に準ずる成績であればよいとの解釈で、かなり甘い条件で横綱になった力士がいる。
昭和に横綱に昇進した力士のうち、2場所連続優勝で横綱になったのは、栃錦、大鵬、北の富士、琴櫻の4人しかいない。当時の横綱昇進にふさわしい成績を収めていたことは事実ではあるが、基準を満たしてもいない千代の山、吉葉山、朝潮、柏戸、玉の海が昇進している。
優勝経験がまったくない双羽黒が横綱になり、その後廃業に至ったことが、昇進基準の厳格化を促進した。

おすすめの記事