「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

大相撲、大関稀勢の里の横綱昇進の可能性

2016 9/9 08:08
相撲
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by J. Henning Buchholz/Shutterstock.com

大関稀勢の里にはなんとか横綱になってもらいたいと思っている方も多いのではないだろうか。
ここでは大関稀勢の里の実績を見ながら、横綱昇進の可能性を解説する。

高校野球から勧誘された中学校時代

大関稀勢の里寛(ゆたか)は田子ノ浦部屋所属の力士だ。1986年7月3日、兵庫県芦屋市に生まれ、龍ケ崎市を経て中学生の時に牛久市に転入、2002年に鳴門部屋に入門するまで牛久市で過ごしている。
中学生の頃は相撲には興味があったものの、部活動は野球部に所属し、ピッチャーとして活躍していた。当時から体は大きく、高校野球の名門校から声がかかったが、それほど上手ではないからと断っている。そして鳴門親方(元横綱隆の里)の熱心な誘いもあり、大相撲への道を選んだ。

史上2位の年少記録で十両に昇進

2002年に鳴門部屋に入門した稀勢の里は、三月場所で初土俵を踏む。翌五月場所は序の口で6勝1敗、七月場所は序二段で6勝1敗とまずまずのスターをきる。2年後の2004年一月場所では東幕下18枚目まで躍進して、7戦全勝の成績で幕下優勝を飾る。
しかし残念ながら、翌三月場所では入幕できす、東幕下筆頭に留め置かれてしまう。それでも奮起して5勝2敗と勝ち越し、見事十両昇進を果たした。この時、年齢は17歳と9か月で、これは横綱貴乃花の17歳と2か月に次ぐ史上2番目に若い記録だった。

おすすめの記事