「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

大相撲、愛すべき大関琴奨菊

2016 9/9 08:08
相撲
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by J. Henning Buchholz/Shutterstock.com

琴奨菊の今までの経歴や成績を知りたいと思っている方も多いと思う。
少年時代から現在までを分かりやすくまとめて解説する。

琴奨菊、輝かしい実績の少年時代

大関琴奨菊和弘は、佐渡ヶ嶽部屋に所属する力士だ。出身は福岡県柳川市、1984年1月30日に生まれた。
相撲好きの祖父の指導のもと、小学校低学年より相撲を始め、恵まれた相撲環境でメキメキ頭角を現す。そして、小学校を卒業すると高知県の明徳義塾中学相撲部に籍を置き、相撲に打ち込む。
明徳義塾は中学・高校の一貫校で、横綱朝青龍を輩出した相撲の名門校だ。琴奨菊は中学、高校をここで過ごすが、その間、中学3年では中学生横綱に輝き、高校でも全国大会で数々のタイトルを手にする。

琴奨菊、佐渡ヶ嶽部屋に入門

中学、高校で活躍した後は、二所ノ関一門の佐渡ヶ嶽部屋に入門する。そして、2002年1月場所で初土俵を踏む。翌3月場所は序の口で6勝1敗、次の5月場所では序二段に昇進し、ここでは7戦全勝と順調なスタートを切ることができた。
琴奨菊の当時の四股名は琴菊次(こときくつぎ)を名乗っていた。
これは、本名の菊次一弘(きくつぎ かずひろ)から取っているが、本名に琴の一字を冠した佐渡ヶ嶽部屋独特の四股名だ。こうして佐渡ヶ嶽部屋所属の力士として関取を目指すことになった。

おすすめの記事