「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

大相撲における大横綱白鵬の存在感

2016 9/9 08:08
相撲
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by J. Henning Buchholz/Shutterstock.com

大横綱に昇りつめた白鵬について、もっと知りたいと思う人もいるのではないだろうか。
ここでは、入門までの苦労と大横綱への道のりや実績について解説する。

横綱白鵬、お坊ちゃん育ちだった少年時代

第69代横綱白鵬翔は、モンゴル国ウランバートルの出身で、宮城野部屋所属、大相撲界をひっぱる自他共に認める第一人者だ。
父親はモンゴル相撲で何回も優勝をした国民的英雄で、オリンピックのレスリング重量級で銀メダルも獲っている。そして現役引退後は、体育学校を設立して後進の指導にあたる。当然家庭は裕福で、少年時代の白鵬は何不自由のない育ち方をしたようだ。
しかし、父親への憧れなのか、やがて日本の大相撲入りを目指すようになる。

横綱白鵬、入門までの苦労

日本で大相撲の道へ進むことに決めた白鵬は、同じ夢を持つ仲間と共に日本に向かう。2000年10月、白鵬15歳の時だった。所属部屋も決まらないまま、モンゴルの先輩旭鷲山を頼っての、少し無茶とも思える来日だった。
一緒に来日した仲間は引き取ってくれる相撲部屋が現れたが、白鵬だけはどこからも声がかからなかった。当時の白鵬は身長175cm、体重68Kgと細身で、とても力士として大成するとは思ってもらえなかったようだ。
諦めて帰ろうとした時、見かねた旭鷲山の口利きで宮城野部屋への入門が許される。

おすすめの記事