「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

大相撲界の正統派小兵力士、横綱日馬富士とは?

2016 9/9 08:08
相撲
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Yuka Tokano/Shutterstock.com

番付最上位に君臨する、横綱の素顔を知りたい方も多いのではないだろうか。
ここでは小兵ながら真っ向勝負に徹する横綱日馬富士について解説する。

相撲大会で転機、日馬富士の少年時代

第70代横綱日馬富士公平は、モンゴル国ゴビアルタイの出身で、1984年4月14日に3人兄弟の3番目として生まれた。
モンゴル相撲の強豪だった父親の影響を受けて、兄弟同士で相撲に熱中する。少年期を過ごしたウランバートルの柔道道場にも通い、格闘技が好きな少年として育つ。
転機が訪れたのは2000年のことだ。大相撲で活躍していたモンゴル出身の旭鷲山の兄弟子にあたる旭富士(現伊勢ヶ濱親方)がモンゴルで開いた相撲大会で認められ、大相撲への道が開けた。

日馬富士、伊勢ヶ濱部屋に入門、十両までの軌跡

伊勢ヶ濱部屋に入門した日馬富士は、2001年1月場所に前相撲に登場し、初土俵を踏む。前相撲を1場所で通過し、3月場所では7戦全勝の成績で序の口優勝を果たす。
当時の四股名は安馬(あま)。大相撲におけるスタートは順調な出足だった。その後も比較的順調に出世を続け、2002年3月場所では三段目で優勝、翌5月場所では幕下に昇進、2004年1月場所では西幕下2枚目という難しい位置で4勝3敗と勝ち越し、念願の十両昇進を果たした。

おすすめの記事