「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

大相撲界の貴公子、横綱鶴竜

2016 9/9 08:08
相撲
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by J. Henning Buchholz/Shutterstock.com

横綱鶴竜。彼の素晴らしい所や知られざるエピソードについて、皆さんに是非お話したい。
鶴竜は、体があまり大きい方ではないので何となく存在感が薄いような気がするが、並々ならぬ相撲に対する情熱を持っているのだ。

鶴竜の少年時代

鶴竜は、モンゴル国ウランバートル出身の第71代の現役の横綱だ。大学教授一家の裕福な家庭に育ち、スポーツは万能で、テニス、バスケット、レスリングなど当時のモンゴルの普通の家庭ではできないようなスポーツまで経験している。これらが今日の鶴竜の運動神経の良さを形作ったのだろう。
家で日本の相撲放送を見ることができ、旭鷲山らの活躍を知って力士を志したそうだ。しかし、入門まではそう簡単ではなかった。

入門まで

花籠部屋の新人選考会に参加したが、不合格になってしまった。本人は諦めきれず、自分で書いたモンゴル語の決意文を父親の大学の同僚に和訳してもらい、日本相撲振興会会長宛に送った。会長は井筒親方に相談し、井筒部屋に入門させ、2001年十一月場所で初土俵を踏ませた。
井筒親方は、鶴竜の体重が65kgしかないので、初めは床山にでもしようかと考えたそうだ。しかし、3ヶ月で82kgまで増やし、新弟子検査に合格したのを見て、育てようと決めた。

おすすめの記事