「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

貴景勝、突き押し貫く平成最後の大関が進むべき道

2019 4/1 15:00橘ナオヤ
相撲,Ⓒゲッティイメージズ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Ⓒゲッティイメージズ

平成歴代6番目の若さで昇進

平成最後の本場所となった三月場所には象徴的な2人の力士がいた。

1人目は幕内最多となる15度目の全勝優勝を果たした横綱白鵬。優勝も42回目と、こちらも自身の最多記録を更新し、圧倒的な強さを見せつけた。

一方で、話題をさらったのは千賀ノ浦部屋の22歳、期待の若武者だ。貴景勝が初優勝した昨年の十一月場所以来、三場所連続で2桁勝利した成績が評価され、大関昇進を果たしたのだ。1958年に年6場所制が定まって以降、2019年3月時点で初土俵から28場所での大関昇進は、日本人力士としては史上最速となる。外国人力士を含めても6番目と、かなりのスピード出世となった。

突き押しが決まり手75%以上

貴景勝の持ち味は、「押し出し」「押し倒し」「突き出し」「突き倒し」が代表的な決まり手である「突き押し相撲」。立ち合いから低く勢いよくぶつかると、小気味良いリズムで突きを繰り返し、一気に土俵の外に相手を出してしまう。175cmと小柄ながら力自慢の力士で、埼玉栄高校時代にはベンチプレスで200kg以上を記録した。

初優勝を飾った2018年十一月場所から大関昇進を決めた三月場所の三場所で、合計34勝11敗という成績を残しているのだが、白星の75%以上である26勝を、「突き押し」の4手であげている。さらに、一月場所では11勝中9勝を「押し出し」で決めており、とことん突き押し相撲に特化している。

突き押しが得意な力士は「引き落とし」や「引き倒し」といった決まり手も得意としており、貴景勝も例外ではない。実際、この三場所で「引き落とし」で4勝を上げている。

おすすめの記事