「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

稀勢の里引退、玉鷲の初優勝、休場御嶽海の三賞受賞……波乱の展開となった初場所

2019 1/28 17:14橘ナオヤ
相撲,ⒸShutterstock.com
このエントリーをはてなブックマークに追加

稀勢の里は引退…残る横綱も休場

平成最後の初場所で、平成最後の日本人力士が引退を表明した。2018年11月場所で4連敗ののち休場した際、師匠の田子ノ浦親方に「最後のチャンスをください」と語った稀勢の里。並々ならぬ気合をもって臨んだ初場所のはずだったが、初日に御嶽海に押し出しで敗れると、そこから力なく3連敗。そして引退を決意した。

2012年の初場所に大関に昇進すると、2017年の三月場所に横綱昇進するまでの31場所、負け越したのはたった1場所のみ。休場もわずか1場所のみと、近年の角界ではまれに見るほどの丈夫な体を持ち、二桁勝利を24場所もあげるほどの名大関。しかし、横綱昇進後の2017年3月場所で肩を負傷して以降、以前のような相撲を取ることができなくなっていた。

残る二横綱の鶴竜と白鵬も振るわない。鶴竜は初日こそ栃煌山を突き出して白星を飾ったものの、相撲が安定せず右足首の負傷のため6日目から休場。これで、横綱昇進してから7度目の途中休場だ。また、10日目まで無傷だった白鵬も、11日目に前日まで4日間休場していた御嶽海に押し出しで金星を与えてしまう。そこから立て続けに玉鷲と貴景勝に敗れたのち、「力が入らない」と14日目から休場。白鵬の休場は最後の2日間だったとはいえ、2場所連続で横綱不在になってしまった。

また大関勢も苦しんだ。初日に高安、豪栄道、栃ノ心の三大関が揃って黒星発進となり、栃ノ心と豪栄道は4連敗を喫した。高安と豪栄道はその後持ち直して9勝6敗と勝ち越したが、栃ノ心は右太もものケガのため5日目から途中休場。三月場所は2度目のカド番となる。

おすすめの記事