「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

平成29年 日馬富士暴行問題で引退【平成スポーツハイライト】

2019 1/7 07:00SPAIA編集部
基横綱日馬富士,Ⓒゲッティイメージズ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Ⓒゲッティイメージズ

貴ノ岩をカラオケのリモコンで殴打

平成29年九州場所3日目の11月14日、日馬富士の暴行が報道された。2日目まで連敗していた横綱は事実を認め、この日から休場した。

10月25日、巡業地の鳥取でモンゴル勢が同席した酒席での出来事だった。白鵬の説教中にスマホをいじっていた貴ノ岩を日馬富士が注意し、平手とカラオケのリモコンで殴打した。

貴ノ岩の師匠である貴乃花親方は、相撲協会に報告せず、鳥取県警へ被害届を提出。貴ノ岩は九州場所を全休する。相撲協会は警察からの連絡で問題を把握していたが、公表せずに場所を迎えた。

問題発覚後、日馬富士の師匠、伊勢ケ浜親方(元旭富士)が貴乃花部屋に謝罪に訪れても、貴乃花親方は面会を拒否。協会の事情聴取にも応じないなど頑なな態度を取り、事態は収拾できる様相ではなくなった。

11月29日、相撲協会の処分が出る前に日馬富士は引退届を提出。会見では「礼儀と礼節がなっていないと思い、先輩横綱として教えるのが義務だと思っている」と暴行に至った理由を説明した。

事件は鳥取地検が略式起訴し、罰金50万円の略式命令が下った。また、一連の対応に問題があったとして、貴乃花親方は理事を解任された。

おすすめの記事