「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

角界に異変アリ。2018年の大相撲を振り返る

2018 12/30 11:00橘ナオヤ
稀勢の里Ⓒゲッティイメージズ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Ⓒゲッティイメージズ

土俵の内外で変化の兆し

2018年も角界では様々な出来事があった。前年末に発覚した日馬富士による貴ノ岩暴行問題を巡り、貴乃花親方(当時)と日本相撲協会との対立が続いた。土俵の外では1年を通じて複数の暴行問題、そして貴乃花親方と協会の対立を中心とした話題で持ちきりとなった。

その一方、土俵の上では横綱勢の休場が相次ぎ、特に稀勢の里の休場が目立った。日本人横綱として期待を集めたが、横綱としての連続休場ワースト記録を更新するなど、とても期待に応えられたとは言えない。

そんな中、若手の台頭やベテランの復活にも注目が集まった。栃ノ心は前半戦で優勝を含む3場所連続二けた勝利をあげ大関昇進。また後半戦では御嶽海や貴景勝といった平成生まれの日本人力士が相次いで初優勝を飾った。大横綱白鵬を頂点とする勢力図が長らく続いていたが、2018年にはこの構図に変化がみられた。象徴的なトピックを3つ見ていこう。

おすすめの記事