「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

平成29年 白鵬が歴代最多1048勝【平成スポーツハイライト】

2019 1/5 07:00SPAIA編集部
白鵬
このエントリーをはてなブックマークに追加

Ⓒゲッティイメージズ

双葉山に迫る63連勝

若貴ブームが去った後、土俵を盛り上げたのがモンゴル勢だった。すでに横綱として君臨していた朝青龍に立ち向かっていったのが白鵬。平成18年春場所後に大関昇進、翌19年夏場所で自身初の全勝優勝を果たし、横綱昇進を決めた。

平成20年は全勝1度を含む4度優勝、翌21年も4度優勝し、そのうち全勝優勝も2度記録した。平成22年2月、初場所で優勝した朝青龍が暴行問題の責任を取る形で現役引退すると、以降はまさしく一人横綱・白鵬の独壇場となった。

同年春場所から4場所連続全勝優勝。歴代2位だった千代の富士の53連勝を抜き去り、残るは双葉山が昭和14年にマークした不滅の金字塔、69連勝のみとなったが、九州場所2日目に稀勢の里に敗れ、連勝記録は63でストップした。それでもきっちり14勝1敗で優勝し、この年は前年に続いて計86勝4敗という驚異的な成績で年間最多勝に輝いた。

おすすめの記事