「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

平成4年 貴花田が史上最年少優勝【平成スポーツハイライト】

2018 12/15 11:00SPAIA編集部
相撲取り
このエントリーをはてなブックマークに追加

空前の相撲ブームの火付け役

「平成の大横綱」の呼称を持ち出すまでもなく、貴乃花は平成の各界を支えた大功労者の一人だ。特にあらゆる最年少記録を塗り替えていった頃は、兄の若花田とともに「若貴ブーム」をもたらし、空前の相撲人気に火をつけた。

中学卒業後すぐに藤島部屋に入門。同時に父は「師匠」に替わった。厳しい稽古に耐え、平成2年(1990年)5月場所、史上最年少の17歳8か月で新入幕を果たすと、西の前頭筆頭まで番付を上げた平成3年5月場所初日に千代の富士との取組が組まれた。優勝31回の大横綱に真正面からぶつかった貴花田は見事に寄り切り、18歳9か月の史上最年少で金星を獲得。3日目に貴闘力にも敗れた千代の富士は引退を決意し、劇的な新旧交代となった。

おすすめの記事