「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

御嶽海、11年ぶり「大卒大関」取り挑む 9月場所は厳しい取組に

2018 8/19 15:00SPAIA編集部
大相撲,ⒸShutterstock.com
このエントリーをはてなブックマークに追加

御嶽海に許されているのは4敗

御嶽海は初土俵から3年半、この9月場所で大関取りに挑む。先場所は13勝2敗、そして負けた2御嶽海は初土俵から3年半、この9月場所で大関取りに挑む。先場所は13勝2敗、負けた2番もあと一歩という力強い相撲で優勝した。大卒エリート力士として将来を期待されていた大器が新たな一歩を刻もうとしている。

勝ち越すと番付が上がるシステムになっている(序ノ口は3勝4敗でも昇格する場合もある)大相撲。関脇から大関に上がる際は勝ち越しだけではなく、3場所で33勝という目安がある。

7月場所で13勝2敗という好成績で優勝を果たした御嶽海は、5月場所に9勝しているため11勝すればボーダーラインである33勝に到達する。

32勝でも大関に昇進するという例はあるが、3月場所で7勝8敗と負け越し、7月場所で3横綱1大関が休場していたことを考えれば、33勝が最低条件になるだろう。 そうなると御嶽海に許されるのは4敗までとなり、3横綱1大関が戻ってくることを考慮すると楽観できる状況ではない。

対戦相手は格上6人、同格1人、格下8人

場所中の成績で取組が決まるため、御嶽海の9月場所対戦相手の番付はまだ出ていない。しかし、番付上位の力士は総当たりになることが多いので、確実ではないがおおよその対戦相手は予想できる。

休場がなければ御嶽海の対戦相手は、格上の横綱の鶴竜、白鵬、稀勢の里、大関の豪栄道、高安、栃ノ心の6人と、同格関脇の逸ノ城1人、格下8人の計15人だ。

格下相手に取りこぼしがなかったとしても格上、同格相手に3勝以上の戦績を残さなければ大関昇進の道は閉ざされることになる。

稀勢の里は7月場所前、万全の体調と言えないものの白鵬と稽古に取り組んだことでメンタル面に明るい兆しを見せた。白鵬と鶴竜は途中休場から巻き返すため、9月場所は万全の状態で臨むだろう。大関昇進直後にカド番になってしまった栃ノ心も死に物狂いで向かってくることは間違いない。追い込まれ必死の格上を相手に、御嶽海は互角以上の戦いをしなければならない。

おすすめの記事