「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

大関とりを狙う御嶽海に横綱大関の壁 稀勢の里がついに逆襲か

2018 7/28 15:00SPAIA編集部
相撲,ⒸShutterstock.com
このエントリーをはてなブックマークに追加

御嶽海の7月場所総括

稀勢の里不在で始まった7月場所。白鵬、鶴竜、栃ノ心の優勝争いになるのではないかというのが大方の予想だった。しかし3連勝で好発進の白鵬は支度部屋で足を滑らせ4日目から休場。鶴竜は4、5日目に連敗を喫し6日目に休場。栃ノ心は開幕5連勝で優勝に向け視界良好となった矢先、6日目に玉鷲に敗れた際に怪我をし休場という展開になった。

そんな状況で気を吐いたのが御嶽海だ。御嶽海は中日勝ち越しを果たすとそのままの勢いで11連勝を記録。他を圧倒する迫力ある取組で次々と白星を挙げていった。無傷のまま迎えた12日目の高安との勝負は、破れてしまったものの、物言いがつくほどの接戦だった。

ここで1月場所(7連勝した後5連敗してしまった)のような、いつもの連敗グセが出てしまうのではないかという予感もしたが、13日目の豪栄道戦では切り替えて白星を手にした。

「勝てば優勝」という14日目、相手は難敵栃煌山だったが、今場所の勢いそのまま完璧な相撲で退け、千秋楽を待たずして賜杯を手に入れた。

千秋楽で「有終の美」を果たすことはできなかったが、この黒星も決して御嶽海が悪い相撲を取ったわけではなく、勝った豊山をほめるべきだろう。観客を沸かせる相撲内容でファンも納得の黒星といういい一番で7月場所を終えた。

御嶽海が大関になる条件

初優勝を果たした御嶽海だが、早くも9月場所での大関取りが期待されている。大関になるための目安は3場所33勝。5月場所に9勝、7月場所に13勝を記録した為、11勝が大関昇進の目安となる。

あくまで目安なので32勝でも大関に昇進することもあるし、33勝しても見送られることはある。栃ノ心が大関昇進したばかりというのも懸念事項の一つではある。しかし平成29年1月場所から負け越しは平成30年の3月場所しかない安定感の高さは好印象だ。

11勝し、3場所33勝したら当確、10勝で終わっても相撲内容(横綱を破るなど)によっては十分昇進がありえる。

おすすめの記事